ホーム > アルバム > 8.557276 ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第4番/ノーフォーク狂詩曲第1番/組曲「野の花」(ボーンマス響/ダニエル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557276
CD発売時期
2004年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams
アーティスト
ポール・シルバーソーン Paul Silverthorne , ポール・ダニエル Paul Daniel , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , ボーンマス交響合唱団 Bournemouth Symphony Chorus , Stuart Green

ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第4番/ノーフォーク狂詩曲第1番/組曲「野の花」(ボーンマス響/ダニエル)

VAUGHAN WILLIAMS: Symphony No. 4 / Norfolk Rhapsody No. 1 / Flos Campi

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557276

全トラック選択/解除

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
交響曲第4番 ヘ短調

Symphony No. 4 in F Minor

録音: 06 - 07 March 2003, The Concert Hall, Lighthouse, Poole
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/47916
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante moderato
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro molto
3.

-

**:**
»  IV. Finale con epilogo fugato: Allegro molto
4.

-

 
**:**
Norfolk Rhapsody No. 1 in E Minor
5.
録音: 06 - 07 March 2003, The Concert Hall, Lighthouse, Poole
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2537610
 
**:**
組曲「野の花」

Flos campi

録音: 06 - 07 March 2003, The Concert Hall, Lighthouse, Poole
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2537611
**:**
»  I. Sicut Lilium inter spinas (As the lily among thorns)
6.

-

**:**
»  II. Jam enim hiems transiit (For, lo, the winter is past)
7.

-

**:**
»  III. Quaesivi quem diligit anima mea (I sought him whom my soul loveth)
8.

-

**:**
»  IV. En lectulum Salomonis sexaginta fortes ambiunt… (Behold his bed, which is Solomon's)
9.

-

**:**
»  V. Revertere, revertere Sulamitis! (Return, return, O Shulamite)
10.

-

**:**
»  VI. Pone me ut signaculum super cor tuum (Set me as a seal upon thine heart)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
牧歌的作曲家というイメージのあるヴォーン・ウィリアムズですが、大戦の不安が曲想に反映されているといわれる交響曲第4番は、激しい曲想が全体を支配しており、むしろ息もつかせぬ迫力が一大特徴です。特に半音階的な進行を含むフガートを巧みに利用した、終楽章の演奏効果など絶大といえましょう。また「野の花」は、この曲をもって、この作曲家の最高傑作という意見もある秘曲です。ヴィオラ独奏と歌詞のない合唱を加えるという編成の特異さは、この曲においては全くの必然として機能し、神秘的にして幽玄、しかも壮大、それでいて親しみやすさは全く損なわれないという奇跡を演じています。とにかく一度は耳にしていただきたい大傑作です!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。