ホーム > アルバム > 8.557290 ファーガソン/ジェラール/ローリー/ダーントン:ピアノ協奏曲集(ドノホー/ノーザン・シンフォニア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557290
CD発売時期
2005年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ロベルト・ジェラール Roberto Gerhard , クリスティアン・ダーントン Christian Darnton , ハワード・ファーガソン Howard Ferguson , アレク・ロウリー Alec Rowley
アーティスト
ピーター・ドノホー Peter Donohoe , ノーザン・シンフォニア Northern Sinfonia

ファーガソン/ジェラール/ローリー/ダーントン:ピアノ協奏曲集(ドノホー/ノーザン・シンフォニア)

FERGUSON / GERHARD / ROWLEY / DARNTON: Piano Concertos

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557290

全トラック選択/解除

アレク・ロウリー - Alec Rowley (1892-1958)

**:**
ピアノ、弦楽と打楽器のための協奏曲第1番 Op. 49

Concerto No. 1 in D Major for Piano, Strings and Percussion , Op. 49

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/83625
**:**
»  I. Allegro ritmico
1.

-

**:**
»  II. Andante naif
2.

-

**:**
»  III. Allegro alla Burlesco
3.

-

クリスティアン・ダーントン - Christian Darnton (1905-1981)

**:**
ピアノと弦楽オーケストラのためのコンチェルティーノ ハ長調

Concertino in C Major for Piano and String Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/83626
**:**
»  I. Allegro molto moderato
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Presto con disinvoltura
6.

-

ロベルト・ジェラール - Roberto Gerhard (1896-1970)

**:**
ピアノと弦楽のための協奏曲

Concerto for Piano and Strings

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/83627
**:**
»  I. Tiento: Allegro
7.

-

**:**
»  II. Diferencias: Adagio
8.

-

**:**
»  III. Folia: Molto mosso
9.

-

ハワード・ファーガソン - Howard Ferguson (1908-1999)

**:**
ピアノと弦楽オーケストラのための協奏曲 Op. 12

Concerto for Piano and String Orchestra, Op. 12

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/83628
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Theme and Variations: Mesto - L'istesso tempo - Più mosso - Allegro - Misterioso - Tempo 1 - Solenne
11.

-

**:**
»  III. Allegro gioviale
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
イギリスは弦楽合奏王国で、NAXOSでも多くのタイトルをリリースしてきましたが、そこに超強力な一枚が加わります。今回は弦楽とピアノのための協奏曲の数々で、イギリス音楽演奏にも定評がある超絶技巧ピアニストのドノホーが、なんと弾き振りで登場します。4人の作曲者の音楽は四者それぞれですが、いずれの曲も引き締った響きと、独奏パートに対する過酷な要求という共通項があり、まさにドノホーにはうってつけと申せましょう。とりわけ肉付きと歯切れのよいタッチでブリブリと弾き進められる急速楽章の爽快さは特筆ものです。メカニカルな無窮動的パッセージが特徴的なダーントンの終楽章など、ちょっとスゴいことになっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。