ホーム > アルバム > 8.557291 ピットフィールド:ピアノ協奏曲第1番、第2番/シロフォン・ソナタ(ゴールドストーン/ドノホー/王立ノーザン音楽大学響/ペニー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557291
CD発売時期
2005年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
トーマス・ピットフィールド Thomas Pitfield
アーティスト
アンソニー・ゴールドストーン Anthony Goldstone , ピーター・ドノホー Peter Donohoe , アンドルー・ペニー Andrew Penny , 王立ノーザン音楽大学交響楽団 Royal Northern College of Music Symphony Orchestra

ピットフィールド:ピアノ協奏曲第1番、第2番/シロフォン・ソナタ(ゴールドストーン/ドノホー/王立ノーザン音楽大学響/ペニー)

PITFIELD: Piano Concertos Nos. 1 and 2 / Xylophone Sonata

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557291

全トラック選択/解除

トーマス・ピットフィールド - Thomas Pitfield (1903-1999)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 ホ短調

Piano Concerto No. 1 in E Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99305
**:**
»  I. Allegro risoluto
1.

-

**:**
»  II. Grave
2.

-

**:**
»  III. Allegro gaiamente
3.

-

 
**:**
Piano Concerto No. 2, "The Student"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99306
**:**
»  I. Dance-Prologue
4.

-

**:**
»  II. Interlude on White Keys
5.

-

**:**
»  III. Air and Variations (The Oak and The Ash)
6.

-

**:**
»  IV. Variation 1
7.

-

**:**
»  V. Variation 2
8.

-

**:**
»  VI. Variation 3
9.

-

 
**:**
Studies on an English Dance Tune

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99307
**:**
»  I. Bi-Tonal
10.

-

**:**
»  II. Seven-Eight, Dorian
11.

-

**:**
»  III. Cantabile Melody
12.

-

**:**
»  IV. Major-Minor
13.

-

**:**
»  V. Phrygian
14.

-

**:**
»  VI. Three-Two-Three
15.

-

**:**
»  VII. Octaves
16.

-

 
**:**
Arietta and Finale

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99308
**:**
»  Arietta
17.

-

**:**
»  Finale
18.

-

 
**:**
トッカータ
19.

Toccata

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99309
 
**:**
シロフォン ソナタ

Xylophone Sonata

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99310
**:**
»  I. Introduction
20.

-

**:**
»  II. Intermezzo
21.

-

**:**
»  III. Reel
22.

-

**:**
»  IV. Toccata
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
子供やアマチュア向けの作品も数多く手がけた人の作品らしく、ピットフィールドのピアノ協奏曲2曲と小品の数々は、明快な旋律と和声に彩られ、機知に富んだわかりやすさを持っています。協奏曲第2番の後半部分や、練習曲が典型的ですが、民謡調の親しみやすい素材を、20世紀風(といっても前衛的でない範囲で)にアレンジする腕の冴えは素晴らしく、爽快な技巧の駆使も見せ、痛快そのものです。またオマケとして?、シロフォン・ソナタが収録されていますが、シロフォンを担当しているのは、なんと当シリーズでお馴染みの、ピアニストのドノホーです。その指さばきに劣らぬ、華麗な撥さばきにもオドロキです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。