ホーム > アルバム > 8.557331 ツェムリンスキー:田舎の踊り Op. 1/4つの幻想曲 Op. 9/光の線(アヴェンハウス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557331
CD発売時期
2005年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー Alexander Zemlinsky
アーティスト
ジルケ・アヴェンハウス Silke Avenhaus

ツェムリンスキー:田舎の踊り Op. 1/4つの幻想曲 Op. 9/光の線(アヴェンハウス)

ZEMLINSKY: Rustic Dances, Op. 1 / Four Fantasies, Op. 9 / A Ray of Light

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557331

全トラック選択/解除

**:**
田園舞曲 Op. 1

Landliche Tanze (Rustic Dances), Op. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/47238
**:**
»  No. 1 Mit Warme
1.

-

**:**
»  No. 2 Fluchtig
2.

-

**:**
»  No. 3 Traumerisch
3.

-

**:**
»  No. 4 Sehr schnell und leicht
4.

-

**:**
»  No. 5 Hintraumend
5.

-

**:**
»  No. 6 Energisch
6.

-

**:**
»  No. 7 Sehr zart
7.

-

**:**
»  No. 8 Heiter (Walzer-Tempo)
8.

-

**:**
»  No. 9 Ländler-Tempo
9.

-

**:**
»  No. 10 Gut betont
10.

-

**:**
»  No. 11 Sehr sanft
11.

-

 
**:**
アルバムの綴り
12.

Albumblatt (Albumleaf)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/90149
 
**:**
リヒャルト・デーメルの詩による幻想曲 Op. 9

Fantasien uber Gedichte von Richard Dehmel (Fantasies after poems by Richard Dehmel), Op. 9

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/47222
**:**
»  No. 1 Stimme des Abends
13.

-

**:**
»  No. 2 Waldseligkeit
14.

-

**:**
»  No. 3 Liebe
15.

-

**:**
»  No. 4 Kaferlied
16.

-

 
**:**
4つのバラード

4 Balladen (4 Ballades)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/90150
**:**
»  No. 1 Archibald Douglas
17.

-

**:**
»  No. 2 Der Konig von Thule
18.

-

**:**
»  No. 3 Der Wassermann
19.

-

**:**
»  No. 4 Intermezzo
20.

-

 
**:**
ガラスの心臓 - メヌエット
21.

Das glaserne Herz (The Crystal Heart): Menuett

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/90151
 
**:**
スケッチ
22.

Skizze (Sketch)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/90152
 
**:**
マイムドラマ 「一条の光」
23.

Ein Lichtstrahl (A Ray of Light)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/90153
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
後のマーラー夫人・アルマの恋人であり、シェーンベルクやコルンゴルトの師匠というプロフィールは、後期ロマン派爛熟の極み、といったツェムリンスキーの音楽史上の位置を、そのまま示すものとなっています。ピアノ曲の創作についてはキャリアの初期に集中しており、「極み」とまではいきませんが、ロマンの香りの高い素敵な小品たちといえましょう。「田園風舞曲」は甘美な響きと、シューベルトやシューマン、ブラームスを思わせるような、レトロ感覚の融合がユニークですし、「4つのバラード」や「一筋の光」はヴィルトゥオーゾ的な迫力に圧倒されます。また「幻想曲集」の「かぶとむしの歌」では、題名どおりの可憐な曲想が楽しめます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。