ホーム > アルバム > 8.557341 ダンスタブル:あなたは何者にもまして美しい/来たれ創造主なる精霊/ミサ曲(トーヌス・ペレグリヌス/ピッツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557341
CD発売時期
2005年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジョン・ダンスタブル John Dunstable
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 不詳 Anonymous
編曲者
Margaret Bent
アーティスト
トーヌス・ペレグリヌス Tonus Peregrinus , アンソニー・ピッツ Antony Pitts

ダンスタブル:あなたは何者にもまして美しい/来たれ創造主なる精霊/ミサ曲(トーヌス・ペレグリヌス/ピッツ)

DUNSTABLE: Quam pulchra es / Veni Sancte Spiritus / Mass Movements

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557341

全トラック選択/解除

ジョン・ダンスタブル - John Dunstable (1390-1453)

**:**
愛する者よ、あなたはすべてに美しい JD 44
1.

Quam pulchra es, JD 44

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100074
 
**:**
キリエ JD 1
2.

Kyrie, JD 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100075
 
**:**
4声のグローリア JD 11
3.

Gloria a 4, JD 11

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100076
 
**:**
4声のクレド JD 12
4.

Credo a 4, JD 12

録音: 5-9 January 2004, Chancelade Abbey, Dordogne, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100077
 
**:**
グローリア(神の子、イエス・キリスト) JD 15
5.

Gloria (Jesu Christe Fili Dei), JD 15

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100078
 
**:**
クレド(神の子、イエス・キリスト) JD 16
6.

Credo (Jesu Christe Fili Dei), JD 16

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100079
 
**:**
サンクトゥス JD 6
7.

Sanctus, JD 6

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100080
 
**:**
クレド JD 17
8.

Credo (Da gaudiorum premia), JD 17

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100081
 
**:**
サンクトゥス JD 18
9.

Sanctus (Da gaudiorum premia), JD 18

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100082
 
**:**
アニュス・デイ JD 14
10.

Agnus Dei, JD 14

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100083
 
**:**
来たり給え、創造主なる聖霊よ
11.

Veni Sancte Spiritus - Veni Creator, JD 32

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100084
 
**:**
グローリア・イン・カノン
12.

Gloria in canon (reconstructed M. Bent)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/100085
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
中世音楽史の本には必ずその名が登場するダンスタブル。彼の三度音程が西欧音楽の発展に寄与した貢献は計り知れないといった能書きはさておいて、百聞は一聴に如かず、まずは当盤でまとめて聴いてしまいましょう。現代英国の腕利き合唱歌手男女8人を集めたトヌス・ペレグリヌスの見事な歌唱があってこそ、ダンスタブルの神秘的で極美のハーモニーが際立つのです。その演奏は、ただ上手いだけでなく、暖かみを失いません。特にお薦めは低い声部が無い「クレド(Da gaudiorum premia)」や「サンクトゥス(Da gaudiorum premia)」で、この美しさには抗し難い魅力があります。「アニュス・デイ」の演奏後に響く鐘の音がまた、いい感じ。ダンスタブルの偉大さを実感させる名盤です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。