ホーム > アルバム > 8.557375 ウィラン:オルガン作品集(ウェド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557375
CD発売時期
2005年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヒーリー・ウィラン Healey Willan
アーティスト
パトリック・ウェッド Patrick Wedd

ウィラン:オルガン作品集(ウェド)

WILLAN: Organ Works

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557375

全トラック選択/解除

ヒーリー・ウィラン - Healey Willan (1880-1968)

**:**
前奏曲とフーガ ハ短調

Prelude and Fugue in C Minor

録音: 26 - 28 February 2002, Saint Jean Baptiste Church, Montreal, Quebec, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41492
**:**
»  Prelude
1.

-

**:**
»  Fugue
2.

-

 
**:**
Chorale Prelude on a Melody by Gibbons
3.
録音: 26 - 28 February 2002, Saint Jean Baptiste Church, Montreal, Quebec, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41493
 
**:**
Introduction, Passacaglia and Fugue

録音: 26 - 28 February 2002, Saint Jean Baptiste Church, Montreal, Quebec, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41494
**:**
»  Introduction
4.

-

**:**
»  Passacaglia
5.

-

**:**
»  Fugue
6.

-

 
**:**
A Fugal Trilogy: II. Aria
7.
録音: 26 - 28 February 2002, Saint Jean Baptiste Church, Montreal, Quebec, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41495
 
**:**
5 Preludes on Plainchant Melodies

録音: 26 - 28 February 2002, Saint Jean Baptiste Church, Montreal, Quebec, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41496
**:**
»  Prelude No. 1: Aeterna Christi munera
8.

-

**:**
»  Prelude No. 2: Christe, Redemptor omnium
9.

-

**:**
»  Prelude No. 3: Ecce jam noctis
10.

-

**:**
»  Prelude No. 4: Ave maris stella
11.

-

**:**
»  Prelude No. 5: Urbs Hierusalem beata
12.

-

 
**:**
Passacaglia and Fugue No. 2 in E Minor

録音: 26 - 28 February 2002, Saint Jean Baptiste Church, Montreal, Quebec, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41497
**:**
»  Passacaglia
13.

-

**:**
»  Fugue
14.

-

 
**:**
Prelude on "Aberystwyth"

録音: 26 - 28 February 2002, Saint Jean Baptiste Church, Montreal, Quebec, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41498
**:**
»  Prelude on “Aberystwyth”
15.

-

 
**:**
Epilogue
16.
録音: 26 - 28 February 2002, Saint Jean Baptiste Church, Montreal, Quebec, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41499
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
イギリスに生まれカナダで活躍したウィランは、主に宗教合唱曲や、当盤に収録したようなオルガン作品で知られています。オルガン曲というジャンルは近代、現代に至っても、いにしえよりの伝統、とりわけバッハの影響を強く受けることも多いですが、ウィランはまさに典型的なケースといってよいでしょう。ロマン派的色彩の濃い美しい和声の中で、オルガンらしい重厚指向の音楽が繰り広げられます(なおレーガー系の難解志向とは無縁)。なかでも聴きものは、やはり技巧的にも趣向が凝らされ、ヴィルトゥオジテも存分に盛り込まれたフーガやパッサカリアで、そのカッコよさには痺れてしまいます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。