ホーム > アルバム > 8.557379 メンデルスゾーン:劇付随音楽「夏の夜の夢」(ドイツ語歌唱)(ウォラーマン/ベッカー/ヴァーシティ・ヴォイセズ/ノータ・ベネ合唱団/ニュージーランド響/ジャッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557379
CD発売時期
2006年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
作詞家
ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare
アーティスト
ジェニー・ウォラーマン Jenny Wollerman , クレメンス・エーリンク Klemens Koehring , サミュエル・ピーター・ジャクソン Samuel Peter Jackson , ジェイムス・ジャッド James Judd , フェルナンド・ティベリーニ Fernando Tiberini , ゲルトゥルーデ・トーマ Gertrude Thoma , ニュージーランド交響楽団 New Zealand Symphony Orchestra , ペペ・ベッカー Pepe Becker , アレッタ・ローマイヤー Aletta Lohmeyer , Stephan Grothgar , Wolf Kahler , Voices New Zealand

メンデルスゾーン:劇付随音楽「夏の夜の夢」(ドイツ語歌唱)(ウォラーマン/ベッカー/ヴァーシティ・ヴォイセズ/ノータ・ベネ合唱団/ニュージーランド響/ジャッド)

MENDELSSOHN, Felix: Midsummer Night's Dream (A) (Sung in German) (Wollerman, Becker, Voices New Zealand, New Zealand Symphony, Judd)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557379

全トラック選択/解除

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
劇付随音楽「夏の夜の夢」 Op. 61 (ドイツ語歌唱)

A Midsummer Night's Dream, Op. 61 (Sung in German)

録音: 8-10 September 2003, Wellington Town Hall, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/772985
**:**
»  Act I: Beginning: Ouverture
1.

-

**:**
»  Act I: Scherzo
2.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Melodram: He, Geist! Wo geht die Reise hin? (Puck, Elfe)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Elfenmarsch - Schlimm treffen wir bei Mondenlicht, du stolze Titania! (Oberon, Titania, Puck, Demetrius, Helena)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Kommt! einen Ringel, einen Feensang! - Lied: Bunte Schlangen, zweigezungt (Titania, First Elfe, Chorus, Second Elfe)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Melodram: Was du wirst erwachend sehn (Oberon, Lysander, Hermia, Puck, Helena, Demetrius)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Intermezzo
7.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Melodram: Kommt, setzt euch, jeder Mutter Sohn (Squenz, Puck, Zettel, Flaut, Schnauz, Titania, Erbsenblute, Spinnwebe, Motte, Senfsamen)
8.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Melodram: Mich wundert's, ob Titania erwachte (Oberon, Puck, Lysander, Demetrius, Helena, Hermia)
9.

-

**:**
»  Act III: Notturno
10.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Melodram: Jetzt fangt mich doch ihr Wahnsinn an zu dauern (Oberon, Titania, Puck, Theseus)
11.

-

**:**
»  Act IV: Hochzeitsmarsch
12.

-

**:**
»  Act V Scene 1: Melodram: Beliebt es Eurer Hoheit? Der Prolog ist fertig (Philostrate, Theseus)
13.

-

**:**
»  Act V Scene 1: Trauermarsch - Wie kommt's dass der Mondschein weggegangen ist (Hippolyta, Theseus)
14.

-

**:**
»  Act V Scene 1: Rupeltanz - Melodram: Die Mitternacht rief zwolf mit eh'rner Zunge (Theseus, Puck)
15.

-

**:**
»  Act V Scene 1: Melodram: Bei des Feuers mattem Flimmern (Oberon, Titania, Chorus, Puck)
16.

-

**:**
»  Act V Scene 1: Lied: Bei des Feuers mattem Flimmern (Feen) - Melodram: Nun, bis Tages Wiederkehr (Oberon, Feen, Puck)
17.

-

 

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。