ホーム > アルバム > 8.557433 バルトーク:バレエ音楽「中国の不思議な役人」/ハンガリーの風景/舞踏組曲(ボーンマス響/オルソップ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557433
CD発売時期
2005年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
ベーラ・バルトーク Béla Bartók
作詞家
メニヘールト・レンジェル Menyhert Lengyel
アーティスト
マリン・オルソップ Marin Alsop , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , ボーンマス交響合唱団 Bournemouth Symphony Chorus

バルトーク:バレエ音楽「中国の不思議な役人」/ハンガリーの風景/舞踏組曲(ボーンマス響/オルソップ)

BARTOK: Miraculous Mandarin (The) (Complete Ballet) / Hungarian Pictures / Dance Suite

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557433

全トラック選択/解除

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
バレエ音楽「中国の不思議な役人」 Op. 19, BB 82

The Miraculous Mandarin, Sz. 73, Op. 19

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/87350
**:**
»  Opening – The girl and three tramps
1.

-

**:**
»  First seduction game: the shabby old rake
2.

-

**:**
»  Second seduction game: the young student
3.

-

**:**
»  Third seduction game
4.

-

**:**
»  The Mandarin enters and remains immobile in the doorway
5.

-

**:**
»  The girl begins a hesitant dance…
6.

-

**:**
»  The Mandarin stumbles – the chase becomes even more passionate
7.

-

**:**
»  The three tramps leap out, seize the Mandarin and tear him away from the girl
8.

-

**:**
»  Suddenly the Mandarin’s head appears between the pillows and he looks longingly at the girl
9.

-

**:**
»  The terrified tramps discuss how they are to get rid of the Mandarin
10.

-

**:**
»  The body of the Mandarin begins to glow with a greenish blue light
11.

-

**:**
»  She resists no longer – they embrace
12.

-

 
**:**
舞踊組曲 Sz. 77

Dance Suite, Sz. 77

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/87348
**:**
»  I. Moderato
13.

-

**:**
»  II. Allegro molto
14.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
15.

-

**:**
»  IV. Molto tranquillo
16.

-

**:**
»  V. Comodo - Finale
17.

-

 
**:**
ハンガリーの風景 BB 103/Sz. 97

Hungarian Pictures, Sz. 97

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/87349
**:**
»  An Evening in the Village
18.

-

**:**
»  Bear Dance
19.

-

**:**
»  Melody
20.

-

**:**
»  Slightly Tipsy
21.

-

**:**
»  Swineherd's Dance
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2009/12/24
「不思議なマンダリン」は、ハンガリーの詩人レンジェルによる、一幕のパントマイムのための音楽です。そのストーリーはグロテスクで、不道徳の極みともいうべきもので、それがたたって演奏禁止の憂き目にあったりもした問題作です。しかしお子様向きではないにせよ、現在ではバルトークの最高傑作の一つとしての評価を勝ち得ています。ストーリーや場面と無関係に楽しむのもよし、描写的な要素におけるバルトークの筆致の素晴らしさを味わうのもよし、ともかくその鮮烈さは、トンデモない台本の内容に一歩も引けをとらないもので、大興奮は必至です。併録の2曲は、民俗風の親しみやすい作品で、こちらはお子様にも安心の内容です。
レビュアー: tanukawa 投稿日:2011/09/23
子供の恐怖心は想像力のたまものだそうで、ある意味この曲は子供に聴かせるべき曲かも・・・。大人になっても「役人ってなに?」の答えはそう簡単に出るものではありませんが、なんだか解らないけどやっつけてもやっつけても追っかけてくる役人は、子供の頃から見続けた悪夢の常連キャラそのもの。間違いなくバルトークの最高傑作の一つは漠とした不安感抜群のホラーです。オールソップの演奏は、男連中が力押しでゴリゴリ演奏しそうな所をあえてあっさり演奏し、悪夢の中に時折差し込まれる暖かい光景のような美しい部分がことさら美しく演奏されていて、それが・・・なおさら怖い。やっぱりマンダリンにとどめを刺せるのは女性なんですね。ぞぞぞぞぞ

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。