ホーム > アルバム > 8.557446 ショスタコーヴィチ:映画音楽「ハムレット」Op.116(ロシア・フィル/ヤブロンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557446
CD発売時期
2004年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich
アーティスト
ドミトリ・ヤブロンスキー Dmitry Yablonsky , ロシア・フィルハーモニー管弦楽団 Russian Philharmonic Orchestra

ショスタコーヴィチ:映画音楽「ハムレット」Op.116(ロシア・フィル/ヤブロンスキー)

SHOSTAKOVICH, D.: Hamlet, Op. 116 (Russian Philharmonic, Yablonsky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557446

全トラック選択/解除

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
ハムレット Op. 116a (編曲:L. アトヴミャン)

Hamlet, Op. 116 (Suite, Op. 116a; arr. L. Atovmian)

録音: 06 - 14 February 2003, Studio 5, Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/43101
**:**
»  Overture (Suite, No. 1)
1.

-

**:**
»  Military Music
2.

-

**:**
»  Fanfares
3.

-

**:**
»  The Palace Ball (Suite, No. 2)
4.

-

**:**
»  Story of Horatio and the Ghost
5.

-

**:**
»  The Ball
6.

-

**:**
»  The Ghost (Suite, No. 3)
7.

-

**:**
»  Hamlet's Parting from Ophelia
8.

-

**:**
»  Palace Music
9.

-

**:**
»  Arrival of the Players (Suite, No. 6)
10.

-

**:**
»  Monologue (What a rogue and peasant slave)
11.

-

**:**
»  Hamlet's Monologue (To be or not to be)
12.

-

**:**
»  Royal Fanfare
13.

-

**:**
»  In the Garden (Suite, No. 4)
14.

-

**:**
»  Booth Fanfare
15.

-

**:**
»  Poisoning Scene (Suite, No. 5)
16.

-

**:**
»  The Flutes Play
17.

-

**:**
»  Ophelia's Descent into Madness (Song of Ophelia)
18.

-

**:**
»  Ophelia's Insanity
19.

-

**:**
»  Death of Ophelia (Suite, No. 7)
20.

-

**:**
»  Hamlet at Ophelia's Grave
21.

-

**:**
»  The Cemetery
22.

-

**:**
»  The Duel - The Death of Hamlet - Hamlet's Funeral (Suite, No. 8)
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
ショスタコーヴィチという作曲家の底知れぬ懐の深さを実感させるジャンルが映画音楽。交響曲で随所に耳にする語り口が楽しめるのはもちろんのこと、そこに映画ならではの通俗性が加わり、管弦楽曲ファンなら探索してみたいジャンルです。当盤は作曲家晩年の傑作、映画音楽「ハムレット」の出版譜による初の全曲盤で、友人の作曲家アトフミャンが編曲してまとめた組曲版の8曲も組み込まれています。19におけるチェンバロなど、楽器使用法の巧みさは特筆もの。ショスタコ・マニアやシェイクスピア・マニアにはもちろん、近現代管弦楽曲の愛好家に広くお薦めします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。