ホーム > アルバム > 8.557456 ボロディン:歌劇「イーゴリ公」(ハイライト)/ 交響詩「中央アジアの草原にて」(キエフ室内合唱団/ウクライナ国立響/クチャル)

ボロディン:歌劇「イーゴリ公」(ハイライト)/ 交響詩「中央アジアの草原にて」(キエフ室内合唱団/ウクライナ国立響/クチャル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557456
CD発売時期
2005年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
アレクサンドル・ポルフィリエヴィチ・ボロディン Alexander Porfir'yevich Borodin
作詞家
アレクサンドル・ポルフィリエヴィチ・ボロディン Alexander Porfir'yevich Borodin
アーティスト
ウクライナ国立放送交響楽団 Ukraine National Radio Symphony Orchestra , キエフ室内合唱団 Kiev Chamber Choir , テオドレ・クチャル Theodore Kuchar , ドミトロ・ポポフ Dmytro Popov , Mykola Koval , Taras Shtonda , Angelina Shvachka

ボロディン:歌劇「イーゴリ公」(ハイライト)/ 交響詩「中央アジアの草原にて」(キエフ室内合唱団/ウクライナ国立響/クチャル)

BORODIN, A.P.: Prince Igor (excerpts) (Ukraine National Radio Symphony, Kuchar)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557456

全トラック選択/解除

アレクサンドル・ポルフィリエヴィチ・ボロディン - Alexander Porfir'yevich Borodin (1833-1887)

**:**
Prince Igor (excerpts)

録音: 12-16 December 2003, Great Concert Hall of the National Radio Company of Ukraine, Kiev, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7482227
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Greshno tait': ya skuki nye lyublyu (I don't like boredom) (Galitzky)
2.

-

**:**
»  Act II: Dance of the Polovtsian Maidens
3.

-

**:**
»  Act II: Merknyet svyet dnevnoy (Daylight is fading) (Konchakovna)
4.

-

**:**
»  Act II: Myedlenno dyn' ugasal (Slowly the day was fading) (Vladimir)
5.

-

**:**
»  Act II: Ni sna, ni ordikha (There is neither sleep, nor rest) (Prince Igor)
6.

-

**:**
»  Act II: Polovtsian Dances - Ulyetay na kril'yahk vyetra (Fly away on the wings of the wind) (version for chorus)
7.

-

**:**
»  Act III: Polovtsian March
8.

-

 
**:**
交響詩「中央アジアの草原にて」
9.

In the Steppes of Central Asia

録音: 12-16 December 2003, Large Concert Studio of the National Radio Company of Ukraine, Kiev, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7482228
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
オペラ「イーゴリ公」からの「ポロヴェッツ人の踊り」のメロディーは、テレビCMなどで日常的に耳にするなど、すっかり人気曲として定着しています。しかし演奏時間3時間を優に超える全曲の上演は多くなく(序曲すら、こんなに良い曲という事実が知られてない!)、美味しいとこどりのために当盤をお薦めします。アリアなど独唱の名場面に続き、ハイライトの「ポロヴェッツ人の踊り」は合唱付き。ウクライナで活躍する演奏家たちを集めた優秀な声楽陣が、曲の魅力を余すところ無く描き出します。カップリングにボロディンの代表的な管弦楽曲で、オリエンタルな「中央アジアの草原にて」も収録しました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。