ホーム > アルバム > 8.557478 ドヴォルザーク:組曲イ長調 Op. 98/スコットランド舞曲集 Op. 41(ヴェセルカ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557478
CD発売時期
2004年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
アーティスト
ステファン・ヴェセルカ Stefan Veselka

ドヴォルザーク:組曲イ長調 Op. 98/スコットランド舞曲集 Op. 41(ヴェセルカ)

DVORAK: Suite in A Major, Op. 98 / Scottish Dances, Op. 41

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557478

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
ポルカ ホ長調 B. 3
1.

Polka in E Major (Tempo di polka), B. 3

録音: 05 - 08 October 1999, Studio 10, Deutschland Radio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/43286
 
**:**
Scottish Dances (Vivace in D Minor), Op. 41 (B. 74)
2.
録音: 05 - 08 October 1999, Studio 10, Deutschland Radio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2636447
 
**:**
ユモレスク 嬰ヘ短調 B. 138 (ピアノ版)
3.

Humoresque in F-Sharp Major, B. 138 (version for piano)

録音: 05 - 08 October 1999, Studio 10, Deutschland Radio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2636448
 
**:**
Impromptu (Allegro scherzando in D Minor), B. 129
4.
録音: 05 - 08 October 1999, Studio 10, Deutschland Radio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2636449
 
**:**
Suite in A Major, Op. 98 (B. 184)

録音: 05 - 08 October 1999, Studio 10, Deutschland Radio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2636450
**:**
»  I. Moderato
5.

-

**:**
»  II. Molto vivace
6.

-

**:**
»  III. Allegretto
7.

-

**:**
»  IV. Andante
8.

-

**:**
»  V. Allegro
9.

-

 
**:**
2つの小品 Op. posth. B. 188

2 Pieces, Op. posth., B. 188

録音: 05 - 08 October 1999, Studio 10, Deutschland Radio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2636451
**:**
»  No. 1. Lullaby in G Major
10.

-

**:**
»  No. 2. Capriccio in G Minor
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
交響曲「新世界」、あるいは弦楽四重奏曲「アメリカ」といえば、知らぬものはいないドヴォルザークのアメリカ系超有名曲ですが、同時期、同趣向の作品として書かれたピアノ曲として「組曲イ長調」があります。「新世界」初演後間もなく作曲され、自ら管弦楽用にも編曲した「アメリカ組曲」とも呼ばれるこの曲集、親しみやすいメロディー満載で、円熟したドヴォルザークの筆致の見事さを示しています。ドヴォルザーク最後のピアノ曲となった、「2つの小品」も、短いながらも演奏効果に富んでおり、ちょっと気の利いたアンコール・ピースなどとしても、復権して欲しいものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。