ホーム > アルバム > 8.557528 シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲/ナポレオンへの頌歌/ワルシャワの生き残り(クラフト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557528
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲), 室内楽, 協奏曲
作曲家
アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg , バイロン男爵(ジョージ・ゴードン・バイロン) Lord Byron (George Gordon Byron), , Dagobert David Runes
アーティスト
ディヴィッド・ウィルソン=ジョンソン David Wilson-Johnson , ロバート・クラフト Robert Craft , サイモン・ジョリー合唱団 Simon Joly Chorale , ロルフ・シュルテ Rolf Schulte , ジェレミー・デンク Jeremy Denk , フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra , フレッド・シェリー弦楽四重奏団 Fred Sherry String Quartet

シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲/ナポレオンへの頌歌/ワルシャワの生き残り(クラフト)

SCHOENBERG, A.: Violin Concerto / Ode to Napoleon / A Survivor from Warsaw (Craft) (Schoenberg, Vol. 10)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557528

全トラック選択/解除

アルノルト・シェーンベルク - Arnold Schoenberg (1874-1951)

**:**
ワルシャワの生き残り Op. 46
1.

A Survivor from Warsaw, Op. 46

録音: 3 October 2007, Abbey Road Studio One, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/245322
 
**:**
「創世紀」組曲への前奏曲 Op. 44
2.

Prelude to Genesis, Op. 44

録音: 7 June 2006, Abbey Road Studio One, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/245330
 
**:**
千年を三たび Op. 50a
3.

Dreimal Tausend Jahre, Op. 50a

録音: 19 September 2005, Abbey Road Studio One, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/245368
 
**:**
詩編130番「深き淵より」 Op. 50b
4.

De profundis (Psalm 130), Op. 50b

録音: 19 September 2005, Abbey Road Studio One, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/245372
 
**:**
ナポレオンへの頌歌 Op. 41
5.

Ode to Napoleon, Op. 41

録音: April 2006, Concert Hall of the Performing Arts Center, SUNY Purchase, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/245373
 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 Op. 36

Violin Concerto, Op. 36

録音: 19-20 April 1999, Abbey Road Studio One, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/245374
**:**
»  I. Poco allegro
6.

-

**:**
»  II. Andante grazioso
7.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
あのハイフェッツでさえ、演奏を断ったという超難曲がこのシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲です。厳格な十二音技法によって書かれているため、口ずさめるような美しいメロディーは皆無と言えますが、神経を揺さぶられるような音の繋がりを聴いているうちに、ある種の快感を覚える人も多いでしょう。他には、この技法を一層押し進めたような難解な声楽曲を収録。クラフトの的確な棒はここでも健在です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。