ホーム > アルバム > 8.557552 C. シューマン:ピアノ協奏曲イ短調/ピアノ三重奏曲ト短調(ニコロージ/リナルディ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557552
CD発売時期
2005年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
クララ・シューマン Clara Schumann
アーティスト
アルマ・マーラー・シンフォニエッタ Alma Mahler Sinfonietta , フランチェスコ・ニコロージ Francesco Nicolosi , アンドレア・ノフェリーニ Andrea Noferini , ロドルフォ・ボヌッチ Rodolfo Bonucci , ステファニア・リナルディ Stefania Rinaldi

C. シューマン:ピアノ協奏曲イ短調/ピアノ三重奏曲ト短調(ニコロージ/リナルディ)

SCHUMANN, C.: Piano Concerto in A Minor / Piano Trio in G Minor

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557552

全トラック選択/解除

クララ・シューマン - Clara Schumann (1819-1896)

**:**
ピアノ協奏曲 イ短調 Op. 7

Piano Concerto in A Minor, Op. 7

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/87352
**:**
»  Allegro maestoso
1.

-

**:**
»  Romanze: Andante non troppo con grazia
2.

-

**:**
»  Finale: Allegro non troppo - Allegro molto
3.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲 ト短調 Op. 17

Piano Trio in G Minor, Op. 17

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/87353
**:**
»  Allegro moderato
4.

-

**:**
»  Scherzo: Tempo di Menuetto
5.

-

**:**
»  Andante
6.

-

**:**
»  Allegretto
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ローベルト・シューマンの夫人であるクララ・シューマンは、音楽史上において非常に興味をそそられる存在ですが、その作品自体が演奏、録音されることはあまり多くなく、当盤は貴重な存在といえましょう。ピアノ協奏曲は14~16才の頃の作で、未成熟な部分もありますが、時代の空気を反映した名技的なパッセージがあっても、見世物的にはなっていないところに、後年リストの批判者となる予感を感じさせます。ピアノ三重奏曲はそれより10年ほど後の作で、より完成度も高く、確かなロマン派保守本流の流れを感じさせます。特に第3楽章の主題の美しさなど絶品といえましょう。なお、協奏曲の演奏家は、ピアニストのニコロージ以外、全員が女性です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。