ホーム > アルバム > 8.557556 ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲全集 3 (ベンコーチ/ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア/ドラホシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557556
CD発売時期
2006年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi
アーティスト
ベーラ・ドラホシュ Béla Drahos , ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア Nicolaus Esterházy Sinfonia , タマーシュ・ベンコーチ Tamas Benkocs

ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲全集 3 (ベンコーチ/ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア/ドラホシュ)

VIVALDI, A.: Bassoon Concertos (Complete), Vol. 3

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557556

全トラック選択/解除

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
ファゴット協奏曲 ト短調 RV 495

Bassoon Concerto in G Minor, RV 495

録音: 21-25 May, 2004, Phoenix Studio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116080
**:**
»  I. Presto
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
ファゴット協奏曲 ハ長調 RV 474

Bassoon Concerto in C Major, RV 474

録音: 21-25 May, 2004, Phoenix Studio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116081
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Largo
5.

-

**:**
»  III. Allegro
6.

-

 
**:**
ファゴット協奏曲 変ホ長調 RV 483

Bassoon Concerto in E-Flat Major, RV 483

録音: 21-25 May, 2004, Phoenix Studio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116082
**:**
»  I. Presto
7.

-

**:**
»  II. Larghetto
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

 
**:**
ファゴット協奏曲 変ロ長調 RV 502

Bassoon Concerto in B-Flat Major, RV 502

録音: 21-25 May 2004, Phoenix Studio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116083
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Largo
11.

-

**:**
»  III. Allegro
12.

-

 
**:**
ファゴット協奏曲 ハ長調 RV 472

Bassoon Concerto in C Major, RV 472

録音: 21-25 May, 2004, Phoenix Studio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116084
**:**
»  I. Allegro non molto
13.

-

**:**
»  II. Andante molto
14.

-

**:**
»  III. Allegro
15.

-

 
**:**
ファゴット協奏曲 イ短調 RV 500

Bassoon Concerto in A Minor, RV 500

録音: 21-25 May, 2004, Phoenix Studio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116085
**:**
»  I. Allegro
16.

-

**:**
»  II. Largo
17.

-

**:**
»  III. Allegro
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「史上最高のファゴット作曲家は誰か?」という、ちょっとニッチな問いの答えがここにあると申せましょう。「四季」を筆頭に、作曲者自身がよくした楽器であった、ヴァイオリン協奏曲作家のイメージが強いヴィヴァルディではありますが、ファゴット協奏曲においても、抜群の相性のよさを見せてくれます。例えばト短調のRV495。まず嵐を思わせるような気合十分の激しいテュッティに驚かされますが、続いて登場するファゴット独奏も、急速なパッセージや、幅の広い跳躍を巧みに織り交ぜたカッコいいもので、一気呵成のドラマを見事に演出します。他の曲でもそうですが、ファゴットの広い音域の活かし切り方には、全く敬服させられます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。