ホーム > アルバム > 8.557570 ティペット:オラトリオ「われらの時代の子」(バーミンガム市響/ティペット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557570
CD発売時期
2005年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
マイケル・ティペット Michael Tippett
作詞家
マイケル・ティペット Michael Tippett
アーティスト
サラ・ウォーカー Sarah Walker , ジョン・ギャリソン Jon Garrison , ジョン・チェック John Cheek , マイケル・ティペット Michael Tippett , バーミンガム市交響楽団 City of Birmingham Symphony Orchestra , バーミンガム市交響合唱団 City of Birmingham Symphony Chorus , サイモン・ホールジー Simon Halsey , フェイ・ロビンソン Faye Robinson

ティペット:オラトリオ「われらの時代の子」(バーミンガム市響/ティペット)

TIPPETT, M.: Child of Our Time (A) (F. Robinson, S. Walker, J. Garrison, J. Cheek, City of Birmingham Symphony, Tippett)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557570

全トラック選択/解除

マイケル・ティペット - Michael Tippett (1905-1998)

**:**
オラトリオ「われらの時代の子」

A Child of Our Time

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/83426
**:**
»  Part 1: The world turns on its dark side (Chorus)
1.

-

**:**
»  Part 1: The Argument - Man has measured the heavens with a telescope (Alto)
2.

-

**:**
»  Part 1: Interludium - Scena - Is evil then good? (Chorus and Alto)
3.

-

**:**
»  Part 1: The Narrator - Now in each nation there were some cast out (Bass)
4.

-

**:**
»  Part 1: Chorus of the Oppressed - When shall the usurers' city cease
5.

-

**:**
»  Part 1: I have no money for my bread (Tenor)
6.

-

**:**
»  Part 1: How can I cherish my man in such days (Soprano)
7.

-

**:**
»  Part 1: A Spiritual - Steal away (Chorus and Soli)
8.

-

**:**
»  Part 2: A star rises in mid-winter (Chorus)
9.

-

**:**
»  Part 2: The Narrator - And a time came (Bass)
10.

-

**:**
»  Part 2: Chorus of Persecutors and Persecuted - Away with them! (Double Chorus)
11.

-

**:**
»  Part 2: The Narrator - Where they could, they fled from the terror (Bass)
12.

-

**:**
»  Part 2: Chorus of the Self-righteous - We cannot have them in our Empire
13.

-

**:**
»  Part 2: The Narrator - And the boy's mother wrote a letter (Bass)
14.

-

**:**
»  Part 2: Scena - O my son! (Soloists)
15.

-

**:**
»  Part 2: A Spiritual - Nobody knows the trouble I see, Lord (Chorus and Soli)
16.

-

**:**
»  Part 2: Scena - The boy becomes desperate in his agony (Bass, Alto)
17.

-

**:**
»  Part 2: The Narrator - They took a terrible vengeance (Bass)
18.

-

**:**
»  Part 2: The Terror - Burn down their houses! (Chorus)
19.

-

**:**
»  Part 2: The Narrator - Men were ashamed of what was done (Bass)
20.

-

**:**
»  Part 2: A Spiritual of Anger - Go down, Moses (Chorus and Bass)
21.

-

**:**
»  Part 2: The boy sings in his prison - My dreams are all shattered in a ghastly reality (Tenor)
22.

-

**:**
»  Part 2: The Mother - What have I done to you, my son? (Soprano)
23.

-

**:**
»  Part 2: The dark forces rise like a flood (Alto)
24.

-

**:**
»  Part 2: A Spiritual - O, by and by (Chorus and Soprano)
25.

-

**:**
»  Part 3: The cold deepens (Chorus)
26.

-

**:**
»  Part 3: The soul of man is impassioned like a woman (Alto)
27.

-

**:**
»  Part 3: Scena - The words of wisdom are these (Bass, Chorus)
28.

-

**:**
»  Part 3: Preludium - I would know my shadow and my light (Chorus and Soli)
29.

-

**:**
»  Part 3: A Spiritual - Deep river, my home is over Jordan (Chorus and Soli)
30.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀イギリスを代表する声楽曲「われらの時代の子」は、ティペットの出世作で、彼の名前を語り継がせるに足る名作であり、第2次世界大戦の開始時に、人類の人類に対する残酷をテーマに作曲された問題作なのです。ヘンデル「メサイア」をモデルとし、音楽的な頂点は、バッハのカンタータにおけるコラールのように配置された5曲のスピリチュアルです。よく知られた旋律を用い、シンプルにアレンジを施したこれらの5曲において、人類の歴史を通じて虐げられた人々の苦しみがこだまし、聴く者を大きな感動へ導きます。作曲者の自作自演盤は永遠に輝き続けることでしょう。コリンズ・レーベルの移行発売盤です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。