ホーム > アルバム > 8.557571 ハイドン:交響曲集 29 - 第1番 - 第5番(シンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ/ガロワ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557571
CD発売時期
2005年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn
アーティスト
パトリック・ガロワ Patrick Gallois , シンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ Sinfonia Finlandia Jyväskylä

ハイドン:交響曲集 29 - 第1番 - 第5番(シンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ/ガロワ)

HAYDN: Symphonies, Vol. 29 (Nos. 1, 2, 3, 4, 5)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557571

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 Hob.I:1

Symphony No. 1 in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99366
**:**
»  I. Presto
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Finale: Presto
3.

-

 
**:**
交響曲第2番 ハ長調 Hob.I:2

Symphony No. 2 in C Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99367
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Finale: Presto
6.

-

 
**:**
交響曲第3番 ト長調 Hob.I:3

Symphony No. 3 in G Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99368
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Andante moderato
8.

-

**:**
»  III. Menuet
9.

-

**:**
»  IV. Finale: Alla breve
10.

-

 
**:**
交響曲第4番 ニ長調 Hob.I:4

Symphony No. 4 in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99369
**:**
»  I. Presto
11.

-

**:**
»  II. Andante
12.

-

**:**
»  III. Finale: Tempo di Menuetto
13.

-

 
**:**
交響曲第5番 イ長調 Hob.I:5

Symphony No. 5 in A Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99370
**:**
»  I. Adagio, ma non troppo
14.

-

**:**
»  II. Allegro
15.

-

**:**
»  III. Minuet
16.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: frog 投稿日:2009/11/30
私は生きている間に、ハイドンの104曲とモーツァルトの、全てのシンフォニーを聴けたらなあ、なんて思ってました。NMLなら、それが可能です。しかも、演奏者も選べます(まっ、そんな時間が有れば、の話ですが)。私は、今まで、ハイドンやモーツァルトを聴いて、がっかりさせられた事は、ありません。世間一般に有名曲と言われているもの以外にも、いいなぁ、と、聴く者の心を豊かにしてくれる作品が、まだまだ、いや、しっかりと、ひっそりと、あるようです。私は、この指揮者も演奏団体のことを、何も知りません。この演奏も間違いなく、そうした逸品です。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
番号が付いた交響曲が全部で百四番まであるハイドン、その第1番となれば、否が応にも興味を惹かれます。70歳代半ばまで生きたハイドンが20歳代半ば頃に書いたとされている最初期の交響曲を、当盤で改めて聴き直してみると、他の作曲家とは一味違う、豊かな音楽に満ち溢れた作品に仕上がっていることに満足。記念すべき「第1番」は、思わず笑みがこぼれてしまいそうな幸せな楽想に魅了されてしまいます。また、若い頃からハイドンのプレストは他では聴けない水準に達していたこともわかります。フルートの貴公子ガロワが指揮棒を持った演奏は、流線型でエレガント、そして過不足ない快活さを併せ持ち、貴公子のイメージに相応しい出来栄えとなっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。