ホーム > アルバム > 8.557593-94 フィリドール:オラトリオ「世紀祭の賛歌」/序曲集(マルゴワール/ベンダ)

フィリドール:オラトリオ「世紀祭の賛歌」/序曲集(マルゴワール/ベンダ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557593-94
CD発売時期
2007年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドール François-André Danican Philidor
作詞家
Antoine Alexandre Henri Poinsinet
アーティスト
アントニオ・アベーテ Antonio Abete , ヴェロニカ・カンジェミ Veronica Cangemi , ノラ・グビシュ Nora Gubisch , スイス・イタリア語放送管弦楽団 Radio Svizzera Italiana Orchestra , プラハ室内管弦楽団 Prague Chamber Orchestra , クリスティアン・ベンダ Christian Benda , ジャン=クロード・マルゴワール Jean-Claude Malgoire , ドナルド・リタカー Donald Litaker , ルガーノ・スヴィッツェラ放送合唱団 Radio Svizzera Choir, Lugano

フィリドール:オラトリオ「世紀祭の賛歌」/序曲集(マルゴワール/ベンダ)

PHILIDOR, F-A.D.: Carmen saeculare / Overtures

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557593-94

全トラック選択/解除

Disc 1

フランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドール - François-André Danican Philidor (1726-1795)

**:**
交響曲第27番 ト長調

Le marechal ferrant: Overture, "Symphony No. 27 in G Major"

録音: 19 April 2005, Prague
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/130232
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante con spirito
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

 
**:**
カルメン・セキュラーレ

Carmen saeculare

録音: 21-22 April 2005, Lugano
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/130233
**:**
»  Ouverture
4.

-

**:**
»  Prologue: Odi profanum vulgus (tenor)
5.

-

**:**
»  Part I: Spiritum Phoebus mihi (tenor)
6.

-

**:**
»  Part I: Deliae tutela Deae fugaces (tenor, chorus)
7.

-

**:**
»  Part I: Nupta iam dices (tenor, chorus)
8.

-

**:**
»  Part II: Dive, quem proles Niobea magnae (chorus)
9.

-

**:**
»  Part II: Ceteris maior, tibi miles impar (bass)
10.

-

**:**
»  Part II: Ille, mordaci velu icta ferro (bass, chorus)
11.

-

**:**
»  Part II: Ni tuis flexus Venerisque gratae (soprano)
12.

-

**:**
»  Part II: Doctor argutae fidicen Thaliae (chorus)
13.

-

**:**
»  Part III: Dianam tenerae dicite virgines (soprano, mezzo-soprano)
14.

-

**:**
»  Part III: Vos laetam fluviis et nemorum coma (tenor, chorus)
15.

-

**:**
»  Part III: Hic bellum lacrimosum (soloists, chorus)
16.

-

Disc 2

フランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドール - François-André Danican Philidor (1726-1795)

**:**
カルメン・セキュラーレ

Carmen saeculare

録音: 21-22 April 2005, Lugano
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/130233
**:**
»  Part IV: Phoebe silvarumque potens Diana (soprano, mezzo-soprano, chorus)
1.

-

**:**
»  Part IV: Alme Sol, curru nitido diem (bass, chorus)
2.

-

**:**
»  Part IV: Rite maturos aperire partus (soprano)
3.

-

**:**
»  Part IV: Certus undenos decies per annos (chorus)
4.

-

**:**
»  Part IV: Vosque veraces cecinisse, Parcae (bass)
5.

-

**:**
»  Part IV: Fertilis frugum pecorisque Tellus (soprano, mezzo-soprano, chorus)
6.

-

**:**
»  Part IV: Conditio mitis placidusque (soloists, chorus)
7.

-

**:**
»  Part IV: Roma si vestrum est opus (tenor)
8.

-

**:**
»  Part IV: Di probos mores docili iuventae (tenor)
9.

-

**:**
»  Part IV: Quaeque vos bobus veneratur albis (bass, chorus)
10.

-

**:**
»  Part IV: Iam mari terraque manus potentes (tenor)
11.

-

**:**
»  Part IV: Iam Fides et Pax et Honos Pudorque (tenor)
12.

-

**:**
»  Part IV: Augur et fulgente decorus arcu (mezzo-soprano)
13.

-

**:**
»  Part IV: Quaeque Aventinum tenet Algidumque (soloists)
14.

-

**:**
»  Part IV: Haec Iovem sentire Deosque cunctos (soloists, chorus)
15.

-

 
**:**
Le sorcier: Overture
16.
録音: 19 April 2005, Prague
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/130234
 
**:**
Tom Jones: Overture
17.
録音: 19 April 2005, Prague
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/130235
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
フランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドール(同姓の作曲家たちと混同せぬよう)は、チェスの歴史上で有数の名人で、ヴォルテールやルソーらとも競技したとか。それにとどまらず彼は天才的芸術家で、歌劇「トム・ジョーンズ」など、時代にもてはやされた舞台音楽を残したのです。当盤では、その歌劇の序曲数曲もお聴きになれますが、目玉はもちろん、ホラティウスの詩などをテキストに使用したオラトリオ「世紀祭の賛歌」。壮麗な序曲のあと、楽想の変化に富んだアリアと合唱が連続し、彼の音楽が当時の聴衆を喜ばせたのも納得の素晴らしさ。滅多に聴けない隠れた名作を、マルゴワールとベンダが率いる秀演でお届けします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。