ホーム > アルバム > 8.557644 フィンジ:私は恋人に言った/花輪をささげよう/夏の前と後(英国歌曲集第12集)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557644
CD発売時期
2005年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ジェラルド・フィンジ Gerald Finzi
作詞家
ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare , トーマス・ハーディ Thomas Hardy
アーティスト
ロードリック・ウィリアムズ Roderick Williams , イアン・バーンサイド Iain Burnside

フィンジ:私は恋人に言った/花輪をささげよう/夏の前と後(英国歌曲集第12集)

FINZI: I Said to Love / Let Us Garlands Bring / Before and After Summer (English Song, Vol. 12)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557644

全トラック選択/解除

ジェラルド・フィンジ - Gerald Finzi (1901-1956)

**:**
I Said to Love, Op. 19b

録音: 12-14 August 2004, Potton Hall, Suffolk, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4983669
**:**
»  No. 1. I Need not Go
1.

-

**:**
»  No. 2. At Middle-Field Gate in February
2.

-

**:**
»  No. 3. Two Lips
3.

-

**:**
»  No. 4. In Five-score Summers (Meditation)
4.

-

**:**
»  No. 5. For Life I Had Never Cared Greatly
5.

-

**:**
»  No. 6. I Said to Love
6.

-

 
**:**
花輪をささげよう Op. 18

Let us garlands bring, Op. 18

録音: 12-14 August 2004, Potton Hall, Suffolk, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4984350
**:**
»  No. 1. Come Away, Come Away, Death
7.

-

**:**
»  No. 2. Who is Silvia?
8.

-

**:**
»  No. 3. Fear No More the Heat o' the Sun
9.

-

**:**
»  No. 4. O Mistress Mine
10.

-

**:**
»  No. 5. It was a Lover and his Lass
11.

-

 
**:**
夏の始めと終わりに Op. 16

Before and after Summer, Op. 16

録音: 12-14 August 2004, Potton Hall, Suffolk, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4984351
**:**
»  No. 1. Childhood among the Ferns
12.

-

**:**
»  No. 2. Before and After Summer
13.

-

**:**
»  No. 3. The Self-unseeing
14.

-

**:**
»  No. 4. Overlooking the River
15.

-

**:**
»  No. 5. Channel Firing
16.

-

**:**
»  No. 6. In the Mind's Eye
17.

-

**:**
»  No. 7. The Too Short Time
18.

-

**:**
»  No. 8. Epeisodia
19.

-

**:**
»  No. 9. Amabel
20.

-

**:**
»  No. 10. He Abjures Love
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
英国近代の音楽を愛する方にとっては、フィンジの声楽曲は名作の宝庫。独唱歌曲の分野でのフィンジの大きな業績は、ハーディの詩の世界の音楽化にありと言えるでしょう。当盤収録の歌曲集のうち二つはハーディ、もう一つはシェイクスピアの詩をテキストに用いたものです。この時代の英国歌曲はわかりやすく抒情的で、とろけるようなメロディーを駆使、というイメージがあり、当盤の作品の幾つかもそれに当てはまりますが、それ一本槍にあらず。劇的な激しさに耳を奪われる「私は恋人に言った」や、驚くべき緊張感が支配するシンフォニックな「海峡砲撃」などを聴けば、改めてフィンジの作曲能力の高さに驚かされます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。