ホーム > アルバム > 8.557647 オルウィン:交響曲第2番、第5番/ハープ協奏曲「リラ・アンジェリカ」(ロイヤル・リヴァプール・フィル/ロイド=ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557647
CD発売時期
2005年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ウィリアム・オルウィン William Alwyn
アーティスト
デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones , ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Liverpool Philharmonic Orchestra , Suzanne Willison

オルウィン:交響曲第2番、第5番/ハープ協奏曲「リラ・アンジェリカ」(ロイヤル・リヴァプール・フィル/ロイド=ジョーンズ)

ALWYN: Symphonies Nos. 2 and 5 / Harp Concerto, "Lyra Angelica"

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557647

全トラック選択/解除

ウィリアム・オルウィン - William Alwyn (1905-1985)

**:**
交響曲第5番 「ハイドリオタフィア」

Symphony No. 5, 'Hydriotaphia'

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/92133
**:**
»  Symphony No. 5, "Hydriotaphia"
1.

-

 
**:**
リラ・アンジェリカ

Lyra Angelica

録音: 4-6 January 2005, Philharmonic Hall, Liverpool, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/92135
**:**
»  I. Adagio
2.

-

**:**
»  II. Adagio, ma non troppo
3.

-

**:**
»  III. Moderato
4.

-

**:**
»  IV. Allegro giubiloso - Andante con moto
5.

-

 
**:**
交響曲第2番

Symphony No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/92134
**:**
»  I. Con moto - Molto moderato - Quasi Adagio molto calmato
6.

-

**:**
»  II. Allegro molto - Moderato largamente - Molto
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「壷葬論」とは、夏目漱石の「三四郎」に引用されることで知られる、17世紀イギリスの医師トマス・ブラウンによる著作ですが、そのタイトル通り、交響曲第5番は暗い雰囲気に満ちており、最終部分では弔鐘に導かれて、美しくも哀しい葬送行進曲となり、一大クライマックスが築き上げられます。一方、ハープ協奏曲「天使の歌」は大変にロマンティックに美しく、オケを弦楽のみとしているのも大正解です。繊細なハープのパッセージを、大音量で掻き消すこともなく、しなやかな弦の歌で包みこんで、驚くべき演奏効果を上げています。交響曲第2番も、情熱的にオーケストラが鳴り響き、そのカッコよさには圧倒されます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。