ホーム > アルバム > 8.557670 ハイフェッツによるヴァイオリンとピアノのための編曲集(スー・ヨン・リー/チャートック)

ハイフェッツによるヴァイオリンとピアノのための編曲集(スー・ヨン・リー/チャートック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557670
CD発売時期
2006年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
イサーク・アルベニス Isaac Albéniz , ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin , マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ Mario Castelnuovo-Tedesco , クリストフ・ヴィリバルト・グルック Christoph Willibald Gluck , アレクサンダー・クレイン Alexander Krein , リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss , フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin , グリゴラス・ディニーク Grigoras Dinicu , 伝承 Traditional , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , エルネー・ドホナーニ Erno Dohnányi , スティーヴン・コリンズ・フォスター Stephen C. Foster , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev , マヌエル・マリア・ポンセ Manuel María Ponce , ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov , フラウシーノ・ロドリゲス・バレ Flausino Rodrigues Vale
編曲者
ヤッシャ・ハイフェッツ Jascha Heifetz
アーティスト
マイケル・チャートック Michael Chertock , Su Yeon Lee

ハイフェッツによるヴァイオリンとピアノのための編曲集(スー・ヨン・リー/チャートック)

HEIFETZ: Transcriptions for Violin and Piano

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557670

全トラック選択/解除

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
夜想曲第16番 変ホ長調 Op. 55, No. 2
1.

Nocturne No. 16 in E-Flat Major, Op. 55, No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/112891

アレクサンダー・クレイン - Alexander Krein (1883-1951)

**:**
Dance No. 4
2.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548925

スティーヴン・コリンズ・フォスター - Stephen C. Foster (1826-1864)

**:**
Jeanie with the light brown hair
3.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548926

ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ - Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov (1844-1908)

**:**
The Tale of Tsar Saltan, Op. 57: Flight of the Bumble-Bee
4.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548927

クリストフ・ヴィリバルト・グルック - Christoph Willibald Gluck (1714-1787)

**:**
Orfeo ed Euridice, Act II: Dance of the Blessed Spirits
5.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548928

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
The Love for 3 Oranges Suite, Op. 33bis: III. March
6.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548929

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
Prelude a l’apres-midi d’un faune
7.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548930

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ - Mario Castelnuovo-Tedesco (1895-1968)

**:**
33のシェイクスピア歌曲 第8巻 Op. 24 - 第3曲 ひとりの男に言い寄る2人の乙女(タンゴ)(J. ハイフェッツによるヴァイオリンとピアノ編)
8.

33 Shakespeare Songs, Op. 24: Vol. 8, No. 3. Two Maids Wooing a Man, "Tango" (arr. J. Heifetz for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548931

伝承 - Traditional

**:**
Deep River
9.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548932

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
Romeo and Juliet, Op. 64: Masks
10.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548933

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
Stimmungsbilder, Op. 9: No. 1. Auf stillen Waldespfad
11.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548934

フラウシーノ・ロドリゲス・バレ - Flausino Rodrigues Vale (1894-1954)

**:**
Prelude No. 15, "Ao pe da fogueira"
12.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548935

イサーク・アルベニス - Isaac Albéniz (1860-1909)

**:**
Suite española No. 1, Op. 47: No. 3. Sevilla (Sevillanas)
13.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548936

グリゴラス・ディニーク - Grigoras Dinicu (1889-1949)

**:**
Hora staccato (Hora spiccato)
14.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548937

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
Children’s Corner: No. 6 Golliwogg’s Cake-Walk
15.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548938

エルネー・ドホナーニ - Erno Dohnányi (1877-1960)

**:**
Suite in F-Sharp Minor, Op. 19: III. Romanza
16.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548939

マヌエル・マリア・ポンセ - Manuel María Ponce (1882-1948)

**:**
エストレリータ(小さな星)(ハイフェッツ編)
17.

Estrellita (My little star)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548940

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
Porgy and Bess, Act I: A woman is a sometime thing
18.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6548941
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀最高のカリスマ・ヴァイオリニストであったハイフェッツは、自ら演奏するレパートリーの拡大のため、そして当時のヴィルトゥオーゾのたしなみとして、数多くのヴァイオリン編曲を行いました。それにしても、こうしてそれだけを並べてみると、民謡あり、ピアノ曲あり、オーケストラ曲まるごとありと、ネタ元の広さには驚かされます。いずれの曲も、高い演奏技巧を持つほどに演奏が栄えるようになっていますが、彼の自編曲以外の楽曲の選択においてもそうであるように、過度な技巧の展覧会然とすることは避けられ、スマートにヴァイオリンの魅力をアピールすることに徹されているのは、ハイフェッツ一流の見識といえましょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。