ホーム > アルバム > 8.557671 C. シュターミッツ:管弦楽のための四重奏曲集(ニュージーランド室内管/アームストロング)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557671
CD発売時期
2006年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
カール・シュターミッツ Carl Stamitz
アーティスト
ドナルド・アームストロング Donald Armstrong , ニュージーランド室内管弦楽団 New Zealand Chamber Orchestra

C. シュターミッツ:管弦楽のための四重奏曲集(ニュージーランド室内管/アームストロング)

STAMITZ, C.: Orchestral Quartets, Op. 14

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557671

全トラック選択/解除

カール・シュターミッツ - Carl Stamitz (1745-1801)

**:**
Orchestral Quartet in F Major, Op. 14, No. 4

録音: 3-6 August 2004, Sacred Heart Cathedral, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/143706
**:**
»  I. Allegro assai
1.

-

**:**
»  II. Andante ma allegretto
2.

-

**:**
»  III. Presto assai
3.

-

 
**:**
Concertante Quartet in B-Flat Major, Op. 14, No. 5

録音: 3-6 August 2004, Sacred Heart Cathedral, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/143707
**:**
»  I. Allegreo poco moderato
4.

-

**:**
»  II. Rondo - Poco moderato - Allegro assai
5.

-

 
**:**
協奏的四重奏曲 ト長調 Op. 14 No. 2

Concertante Quartet in G Major, Op. 14, No. 2

録音: 3-6 August 2004, Sacred Heart Cathedral, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/143708
**:**
»  I. Allegro con spirito
6.

-

**:**
»  II. Andante gracioso
7.

-

**:**
»  III. Presto
8.

-

 
**:**
Orchestral Quartet in C Major, Op. 14, No. 1

録音: 3-6 August 2004, Sacred Heart Cathedral, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/143709
**:**
»  I. Allegro assai
9.

-

**:**
»  II. Andante di molto
10.

-

**:**
»  III. Poco presto
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
モーツァルトやハイドンらにも大いに影響を与えたという、マンハイム楽派の巨匠、カール・シュターミッツの四重奏曲です。当盤に収録された曲は、特に「オーケストラ四重奏曲」、「協奏的四重奏曲」と銘打たれており、各パート一人の弦楽四重奏としてではなく、弦楽合奏として演奏されています。パートの厚みを増したり、(それほど派手なものではありませんが)独奏と総奏の使い分けによって響きに変化を与える工夫は、ポリフォニックな絡み合いよりも、明朗快活な和声と旋律を中心とした、ホモフォニックな展開が重視されている楽曲に、似つかわしいものと申せましょう。
レビュアー: Tossy 投稿日:2012/01/03
私は何か気分的に落ち込むことがあったとき、この曲集の一曲目に収録されているヘ長調を聴くことにしています。快活なアレグロ・アッサイで始まる弦楽合奏の絶妙な響きを聞けば、些細なことに拘泥している自分を見つめなおすことができるからです。バロックの様式とは明らかに一線を画すマンハイム楽派のハーモニーの神髄をニュージーランドの楽人たちは私たちにゆがみなく伝えてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。