ホーム > アルバム > 8.557687 ナザレー:タンゴ、ワルツ、ポルカ集(ベス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557687
CD発売時期
2005年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
エルネスト・ナザレー Ernesto Nazareth
アーティスト
イアラ・ベス Iara Behs

ナザレー:タンゴ、ワルツ、ポルカ集(ベス)

NAZARETH, E.: Tangos, Waltzes and Polkas (I. Behs)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557687

全トラック選択/解除

エルネスト・ナザレー - Ernesto Nazareth (1863-1934)

**:**
エスパリャファトーゾ(大騒ぎ)
1.

Espalhafatoso (Boisterous)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74482
 
**:**
ブレジェイロ(ろくでなし)
2.

Brejeiro (Mischievous)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74483
 
**:**
コンフィデンシャス(打ち明け)
3.

Confidencias (Confidences)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74487
 
**:**
エスコヴァード(叱られて)
4.

Escovado (Cunning)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74488
 
**:**
ネネ(赤ちゃん)
5.

Nene (Baby)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74490
 
**:**
アメノ・レゼダ
6.

Ameno Reseda

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74491
 
**:**
トゥルビリャォン・ジ・ベイジョス(嵐のような口づけ)
7.

Turbilhao de Beijos (Whirlwind of Kisses)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74492
 
**:**
ガウチョ
8.

Gaucho

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74494
 
**:**
プランジェンチ(悲しみ)
9.

Plangente (Lamenting)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74495
 
**:**
トパージオ・リキード(トパーズ色のカクテル)
10.

Topazio Liquido (Liquid Topaz)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74496
 
**:**
オウロ・ソブレ・アズール(青色の上の金)
11.

Ouro Sobre Azul (Gold on Blue)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74497
 
**:**
サランベーキ
12.

Sarambeque

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74499
 
**:**
エポニーナ
13.

Eponina

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74500
 
**:**
エスコレガンド(滑るように)
14.

Escorregando (Going Down Well)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74502
 
**:**
テネブローズ(暗闇)
15.

Tenebroso (Gloomy)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74504
 
**:**
オデオン
16.

Odeon

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74505
 
**:**
つかまえたぞ、カヴァキーニョ!
17.

Apanhei-te Cavaquinho (I Have Grabbed You, Cavaquinho!)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74506
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
アカデミックな音楽教育ではなく、映画館やダンスホールのような「現場叩き上げ」で育ったナザレーの音楽は、ヴィラ=ロボスが「ブラジルの魂を具現化する」と評価したように、ブラジル情緒を極めて濃厚に湛えたものとなっています。そんな彼のキャリアのゆえもあるのでしょう。いずれの曲も短く、技巧の複雑さを主眼にしたものもありません。所謂クラシックの作曲家というよりも、かなりポピュラー寄りといった方がよいかもしれません。しかし、そんな区分けはどうでもよいことでしょう。われわれは、スローなものからアップテンポなものまで、さまざまなテンポとリズムで歌われる、甘く、切ない調べを、ただただ素直に楽しめばよいのです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。