ホーム > アルバム > 8.557689 ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番/コンチェルトシュトゥック/ロマンス Op. 42 (フェドトフ/ロシア・フィル/ヤブロンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557689
CD発売時期
2006年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
マックス・ブルッフ Max Bruch
アーティスト
マキシム・フェドトフ Maxim Fedotov , ドミトリ・ヤブロンスキー Dmitry Yablonsky , ロシア・フィルハーモニー管弦楽団 Russian Philharmonic Orchestra

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番/コンチェルトシュトゥック/ロマンス Op. 42 (フェドトフ/ロシア・フィル/ヤブロンスキー)

BRUCH, M.: Violin Concerto No. 1 / Konzertstuck / Romance, Op. 42 (Fedotov, Russian Philharmonic, Yablonsky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557689

全トラック選択/解除

マックス・ブルッフ - Max Bruch (1838-1920)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op. 26

Violin Concerto No. 1 in G Minor, Op. 26

録音: 28 November - 3 December 2004, Studio 5, KULTURA TV and Radio Company, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/113822
**:**
»  I. Prelude: Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro energico
3.

-

 
**:**
コンツェルトシュテュック 嬰ヘ短調 Op. 84

Konzertstuck in F-Sharp Minor, Op. 84

録音: 28 November - 3 December 2004, Studio 5, KULTURA TV and Radio Company, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/113823
**:**
»  I. Allegro appassionato
4.

-

**:**
»  II. Adagio, ma non troppo lento
5.

-

 
**:**
ロマンス イ短調 Op. 42
6.

Romance in A Minor, Op. 42

録音: 28 November - 3 December 2004, Studio 5, KULTURA TV and Radio Company, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/113824
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
ロマン派のヴァイオリン協奏曲は数多しといえど、ブルッフの第1番ほど、真っ正直に「ロマン派らしい」あるいは「ロマン派臭い」曲はないといってよいでしょう。小難しい理屈はどこかにふっ飛ばし、感傷的かつカッコいいメロディーはてんこ盛り。独奏ヴァイオリンも、オーケストラもパワー全開で煽りに煽り立てます。テクンシャンのフェドートフは、こうした楽曲の持ち味をストレートに引き出し、快刀乱麻の大活躍を見せつけます。併録の2曲でも、フェドートフのテンションは極めて高く、知られざるこれらの作品に秘められた魅力を、十二分に引き出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。