ホーム > アルバム > 8.557690 チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲/憂鬱なセレナード/ワルツ・スケルツォ(カーラー/ロシア・フィル/ヤブロンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557690
CD発売時期
2007年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky
編曲者
アレクサンドル・コンスタンティノーヴィチ・グラズノフ Alexander Konstantinovich Glazunov
アーティスト
イリヤ・カーラー Ilya Kaler , ドミトリ・ヤブロンスキー Dmitry Yablonsky , ロシア・フィルハーモニー管弦楽団 Russian Philharmonic Orchestra

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲/憂鬱なセレナード/ワルツ・スケルツォ(カーラー/ロシア・フィル/ヤブロンスキー)

TCHAIKOVSKY: Violin Concerto / Souvenir d'un lieu cher

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557690

全トラック選択/解除

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 35

Violin Concerto in D Major, Op. 35

録音: 3-10 December 2004, Studio 5, Russian State Television and Radio Company KULTURA, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/130314
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Canzonetta: Andante
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro vivacissimo
3.

-

 
**:**
憂鬱なセレナード Op. 26
4.

Serenade melancolique (Melancholy Serenade), Op. 26

録音: 3-10 December 2004, Studio 5, Russian State Television and Radio Company KULTURA, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1359259
 
**:**
懐かしい土地の想い出 Op. 42 (A.K. グラズノフによるヴァイオリンと管弦楽編)

Souvenir d'un lieu cher, Op. 42 (arr. A.K. Glazunov for violin and orchestra)

録音: 3-10 December 2004, Studio 5, Russian State Television and Radio Company KULTURA, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1359260
**:**
»  第1曲 瞑想曲
5.

-

I. Meditation

**:**
»  第2曲 スケルツォ
6.

-

II. Scherzo

**:**
»  第3曲 メロディ
7.

-

III. Melodie

 
**:**
ワルツ・スケルツォ Op. 34
8.

Valse-Scherzo, Op. 34

録音: 3-10 December 2004, Studio 5, Russian State Television and Radio Company KULTURA, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1359261
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、古今東西のあらゆるヴァイオリン協奏曲の中で、最も大衆的な人気を誇る作品ということができるでしょう。親しみやすく覚えやすいメロディー、効果的なオーケストレーション、そして独奏者の名人芸の三拍子が完璧に揃った名曲中の名曲です。「なつかしい土地の思い出」はヴァイオリンとピアノのために書かれましたが、ここではグラズノフ編曲によるオーケストラ版で演奏されています。この曲集の「瞑想曲」は、元来協奏曲の第2楽章として企図されたものですが、こうしてオーケストレーションされてみると、大変に興味深い曲想の親近性がより浮かび上がってきます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。