ホーム > アルバム > 8.557723 ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲集 1 - ピアノ三重奏曲第5番、第6番/創作主題による14の変奏曲変ホ長調(ジリオン・トリオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557723
CD発売時期
2005年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
ジリオン・トリオ Xyrion Trio

ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲集 1 - ピアノ三重奏曲第5番、第6番/創作主題による14の変奏曲変ホ長調(ジリオン・トリオ)

BEETHOVEN, L. van: Piano Trios, Vol. 1 - Piano Trios Nos. 5, 6, 10 (Xyrion Trio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557723

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ三重奏曲第5番 ニ長調 「幽霊」 Op. 70, No. 1

Piano Trio No. 5 in D Major, Op. 70, No. 1, "Ghost"

録音: 20-22 October 2004, Clara Wieck Auditorium, Sandhausen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/95836
**:**
»  I. Allegro vivace e con brio
1.

-

**:**
»  II. Largo assai ed espressivo
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲第6番 変ホ長調 Op. 70, No. 2

Piano Trio No. 6 in E-Flat Major, Op. 70, No. 2

録音: 20-22 October 2004, Clara Wieck Auditorium, Sandhausen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7983332
**:**
»  I. Poco sostenuto - Allegro ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. Allegretto
5.

-

**:**
»  III. Allegretto ma non troppo
6.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
7.

-

 
**:**
創作主題による14の変奏曲 変ホ長調 Op. 44 (ピアノ三重奏曲第10番)

14 Variations on Ja, ich muss mich von ihr scheiden from Dittersdorf's Das rothe Käppchen in E-Flat Major, Op. 44, "Piano Trio No. 10"

録音: 20-22 October 2004, Clara Wieck Auditorium, Sandhausen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7983333
**:**
»  Theme
8.

-

**:**
»  Variation 1
9.

-

**:**
»  Variation 2
10.

-

**:**
»  Variation 3
11.

-

**:**
»  Variation 4
12.

-

**:**
»  Variation 5
13.

-

**:**
»  Variation 6
14.

-

**:**
»  Varaition 7
15.

-

**:**
»  Variation 8
16.

-

**:**
»  Variation 9
17.

-

**:**
»  Varaition 10
18.

-

**:**
»  Variation 11
19.

-

**:**
»  Variation 12
20.

-

**:**
»  Variation 13
21.

-

**:**
»  Variation 14
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
自らが優れたピアニストであったベートーヴェン、残されたピアノ三重奏曲は、数こそ多くありませんが、いずれもスグレモノといえましょう。当盤のメインとなる第5・6番、すなわち作品70の2曲は、「運命」や「田園」とほぼ同時期の作曲ということからもうかがわれるように、ベートーヴェンの覇気が感じられる傑作となっています。そのニックネームの由来ともなっている「幽霊」の第2楽章の「出そうな雰囲気」も、溢れる才気ならではのユニークな書法というべきでしょう。その他の楽章も、三つの楽器が大いに主張しあい、漲る力感には圧倒されます。併録の変奏曲も習作期の作品とはいえ(作品番号は大きいですが)、立派な出来栄えです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。