ホーム > アルバム > 8.557728 モーツァルト:レクイエム(ライプツィヒ室内管/シュルト=イェンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557728
CD発売時期
2005年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ミリアム・アレン Miriam Allan , マークス・ウルマン Marcus Ullmann , ゲヴァントハウス室内合唱団 Gewandhaus Chamber Choir , モルテン・シュルト=イェンセン Morten Schuldt-Jensen , マーティン・スネル Martin Snell , ライプツィヒ室内管弦楽団 Leipzig Chamber Orchestra , Anne Buter

モーツァルト:レクイエム(ライプツィヒ室内管/シュルト=イェンセン)

MOZART: Requiem in D Minor

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557728

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
女より生まれしもののうち K. 72
1.

Inter natos mulierum, K. 72

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99665
 
**:**
オッフェルトリウム 「主の御憐れみを」 K. 222
2.

Misericordias Domini, K. 222

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99666
 
**:**
レクイエム ニ短調 K. 626 (F.X. ジュースマイヤーによる補筆完成版)

Requiem in D Minor, K. 626 (completed by F.X. Sussmayr)

録音: 10-12 November 2004, Grosser Saal des Gewandhauses, Leipzig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99664
**:**
»  Introit: Requiem aeternam
3.

-

**:**
»  Kyrie eleison
4.

-

**:**
»  Sequence: I. Dies irae
5.

-

**:**
»  Sequence: II. Tuba mirum
6.

-

**:**
»  Sequence: III. Rex tremendae majestatis
7.

-

**:**
»  Sequence: IV. Recordare, Jesu pie
8.

-

**:**
»  Sequence: V. Confutatis maledictis
9.

-

**:**
»  Sequence: VI. Lacrimosa dies illa (completed by Sussmayr)
10.

-

**:**
»  Offertory: I. Domine Jesu Christe
11.

-

**:**
»  Offertory: II. Hostias et preces
12.

-

**:**
»  Sanctus (Sussmayr)
13.

-

**:**
»  Benedictus (Sussmayr)
14.

-

**:**
»  Agnus Dei (Sussmayr)
15.

-

**:**
»  Communion: Lux aeterna (completed by Sussmayr)
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
どんなに時代が変わっても永遠に色褪せることのない名曲の一つが、モーツァルト「レクィエム」。既にやり尽くされた感もある中、当演奏の特徴は、僅か40分程度という短い演奏時間で、この曲を聴き慣れた耳には相当な速度が感じられる筈。音楽は疾風の如く流れますが、厳粛なる美を見失うことは決してありません。珍しい小曲2つをカップリング。ライプツィヒの伝統あるゲヴァントハウス・オーケストラのメンバーが設立した室内管弦楽団を率いる、チェリビダッケや合唱の神様エリック・エリクソンらに師事したデンマーク出身の気鋭の指揮者が、合唱を知り尽くした手腕を見事に発揮しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。