ホーム > アルバム > 8.557748 シマノフスキ:ヴァイオリン・ソナタ/神話/ノットゥルノとタランテッラ(クレーマー/ダーカン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557748
CD発売時期
2007年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
カロル・シマノフスキ Karol Szymanowski
編曲者
パウル・コハンスキ Paul Kochanski
アーティスト
ミリアム・クレーマー Miriam Kramer , ニコラス・ダーカン Nicholas Durcan

シマノフスキ:ヴァイオリン・ソナタ/神話/ノットゥルノとタランテッラ(クレーマー/ダーカン)

SZYMANOWSKI: Violin Sonata / Mythes / Notturne and Tarantella

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557748

全トラック選択/解除

カロル・シマノフスキ - Karol Szymanowski (1882-1937)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op. 9

Violin Sonata in D Minor, Op. 9

録音: 8-10 June 2005, Potton Hall, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/131472
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Andantino tranquillo e dolce
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro molto, quasi presto
3.

-

 
**:**
Lullaby, Op. 52, "La berceuse d'Aitacho Enia"
4.
録音: 8-10 June 2005, Potton Hall, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/131473
 
**:**
神話 Op. 30

Myths, Op. 30

録音: 8-10 June 2005, Potton Hall, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/131474
**:**
»  第1曲 アレトゥーサの泉
5.

-

No. 1. La fontaine d'Arethuse

**:**
»  第2曲 ナルシス
6.

-

No. 2. Narcisse

**:**
»  第3曲 ドリヤードとパン
7.

-

No. 3. Dryades et Pan

 
**:**
ロマンス ニ長調 Op. 23
8.

Romance in D Major, Op. 23

録音: 8-10 June 2005, Potton Hall, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/131475
 
**:**
夜想曲とタランテラ Op. 28

Nocturne and Tarantella, Op. 28

録音: 8-10 June 2005, Potton Hall, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/131476
**:**
»  Nocturne: Lento assai
9.

-

**:**
»  Tarantella: Presto appassionato
10.

-

 
**:**
King Roger, Op. 46: Roxana's Song (arr. for violin and piano)
11.
録音: 8-10 June 2005, Potton Hall, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/131477
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
ヴァイオリンとピアノのためのレパートリーは、ヴァイオリン・ソナタ、そうでなければショーピースとやや二極化する傾向にあります。よって非ソナタで中規模以上、かつヴァイオリンやピアノ伴奏に独創的な意匠が凝らされているといった楽曲は、意外に多くありません。ロマン主義と印象主義の双方の香りを持ち合わせた、シマノフスキ中期の2作、「神話」「夜想曲とタランテラ」は、そんな条件を満たす貴重なレパートリーということができるでしょう。シマノフスキ自身は優れたピアニストでしたが、これらの楽曲の作曲に当たって組まれた同郷の大ヴァイオリニスト・コハンスキとのタッグは、まさに無敵と申せましょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。