ホーム > アルバム > 8.557801 ロドリーゴ:管弦楽作品全集 8 - 田園協奏曲/ある貴紳のための幻想曲(アストゥーリアス響/バルデス)

ロドリーゴ:管弦楽作品全集 8 - 田園協奏曲/ある貴紳のための幻想曲(アストゥーリアス響/バルデス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557801
CD発売時期
2004年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ホアキン・ロドリーゴ Joaquín Rodrigo
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
アストゥーリアス交響楽団 Asturias Symphony Orchestra , ヨハンナ・グフレエール Joanna G'froerer , マキシミアーノ・バルデス Maximiano Valdés

ロドリーゴ:管弦楽作品全集 8 - 田園協奏曲/ある貴紳のための幻想曲(アストゥーリアス響/バルデス)

RODRIGO: Concierto Pastorale / Fantasia para un Gentilhombre (Complete Orchestral Works, Vol. 8)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557801

全トラック選択/解除

ホアキン・ロドリーゴ - Joaquín Rodrigo (1901-1999)

**:**
田園協奏曲

Concierto Pastoral

録音: 09 - 15 June 2003, Auditorio Principe Felipe, Oviedo, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40405
**:**
»  Allegro
1.

-

**:**
»  Adagio
2.

-

**:**
»  Allegro
3.

-

 
**:**
2つのアンダルシアの小品

Dos miniaturas andaluzas

録音: 9 - 12 June 2003, Auditorio Principe Felipe, Oviedo, Asturias, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40407
**:**
»  Preludio: Lento e cantabile
4.

-

**:**
»  Danza: Allegretto, quasi allegro
5.

-

 
**:**
管楽合奏のためのアダージョ

Adagio para instrumentos de viento (Adagio for Wind Instruments)

録音: 9 - 12 June 2003, Auditorio Principe Felipe, Oviedo, Asturias, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40408
**:**
»  Adagio para instruments de viento
6.

-

 
**:**
ある貴紳のための幻想曲

Fantasia para un Gentilhombre

録音: 9 - 12 June 2003, Auditorio Principe Felipe, Oviedo, Asturias, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40406
**:**
»  Villano y Ricercare (Adagietto - Andante moderato)
7.

-

**:**
»  Espanoleta y Fanfare de la Caballeria de Napoles (Adagio - Allegretto, molto ritmico - Tempo de Espanoleta)
8.

-

**:**
»  Danza de las hachas (Allegro con brio)
9.

-

**:**
»  Canario (Allegro ma non troppo)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「アランフェス以外の」ロドリーゴの素晴らしさを大いに紹介する当シリーズ、今度はフルート協奏曲である「田園協奏曲」の登場です。名フルーティスト・ゴールウェイのために作曲されたということもあり、独奏パートは相当に技巧的に書かれており(冒頭の囀りのようにせわしい、第1楽章の第1主題は象徴的)、最も聴きごたえのあるフルート協奏曲の一つといっても過言ではありません。第2楽章の染み入るような旋律美もロドリーゴならでは。また「管楽合奏のためのアダージョ」も素晴らしい佳品。静と動の対比が見事なのですが、動の部分の打楽器の用法の巧みさには、うならされます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。