ホーム > アルバム > 8.557903 ロスラヴェッツ:ヴァイオリン・ソナタ第1番、第4番、第6番/3つの舞曲(ソロカ/グリーン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557903
CD発売時期
2006年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ニコライ・アンドレイェヴィチ・ロスラヴェッツ Nikolay Andreyevich Roslavets
アーティスト
アーサー・グリーン Arthur Greene , ソロミア・ソロカ Solomia Soroka

ロスラヴェッツ:ヴァイオリン・ソナタ第1番、第4番、第6番/3つの舞曲(ソロカ/グリーン)

ROSLAVETS: Violin Sonatas Nos. 1, 4 and 6 / 3 Dances

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557903

全トラック選択/解除

ニコライ・アンドレイェヴィチ・ロスラヴェッツ - Nikolay Andreyevich Roslavets (1881-1944)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第6番(伝説)

Violin Sonata No. 6 [Legend]

録音: 9-12 December 2005, Sauder Concert Hall, Goshen College, Indiana, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/118901
**:**
»  I. —
1.

-

**:**
»  II. —
2.

-

**:**
»  III. —
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第4番 - アレグロ・コン・スピリト(ノン・トロッポ・アレグロ)
4.

Violin Sonata No. 4: Allegro con spirito (non troppo allegro)

録音: 9-12 December 2005, Sauder Concert Hall, Goshen College, Indiana, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/118900
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番 - アレグロ・ノン・トロッポ
5.

Violin Sonata No. 1: Allegro non troppo

録音: 9-12 December 2005, Sauder Concert Hall, Goshen College, Indiana, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/118899
 
**:**
3つの舞曲

3 Dances

録音: 9-12 December 2005, Sauder Concert Hall, Goshen College, Indiana, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/118902
**:**
»  No. 1. Waltz: Lento ma sempre fantastico
6.

-

**:**
»  No. 2. Nocturne: Moderato assai
7.

-

**:**
»  No. 3. Mazurka: Risoluto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
スクリャービン後期の作風を、さらに先鋭な方向に推し進めるようにして、独特の無調音楽に到達したことから、「ロシアのシェーンベルク」とも呼ばれるロスラヴェッツの音楽は、20世紀の終わり頃から盛んにリヴァイヴァルされるようになってきました。前衛的な和声と、ロマン派ヴィルトゥオーゾ風の趣が強い器楽書法の融合は、聴衆に対して絶大なアピール力をもっているといえましょう。当盤収録曲では、冒頭のソナタ6番はやや穏健、調的な作風ですが、その他の曲は、聴いている方が恐ろしくなってくるほどのハイテンションで、鋭い響きのパッセージが次から次へと飛び出してきます!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。