ホーム > アルバム > 8.557958 マイール:カンタータ「調和」/ベートーヴェンの死に寄せるカンタータ(ホーク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557958
CD発売時期
2006年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
ヨハン・ジモン・マイール Johann Simon Mayr
アーティスト
インゴルシュタット・グルジア室内管弦楽団 Ingolstadt Georgian Chamber Orchestra , タリア・オール Talia Or , ジモン・マイール合唱団 Simon Mayr Choir , フランツ・ハウク Franz Hauk , ニコライ・ボルチェフ Nikolay Borchev , Altin Piriu

マイール:カンタータ「調和」/ベートーヴェンの死に寄せるカンタータ(ホーク)

MAYR: L'Armonia / Cantata sopra la morte di Beethoven

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557958

全トラック選択/解除

ヨハン・ジモン・マイール - Johann Simon Mayr (1763-1845)

**:**
L'Armonia

録音: 15 - 18 September 2005, Asamkirche Maria de Victoria, Ingolstadt
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/137117
**:**
»  Scene I: Chorus: Bell'Armonia risvegliati (Fair Harmony awake)
1.

-

**:**
»  Scene I: Recitative: Ah si: rimira, avventurata gente (Ah yes, see, fortunate people) (Bass)
2.

-

**:**
»  Scene I: Aria: Qual diletto inonda il petto (What delight fills our hearts) (Bass)
3.

-

**:**
»  Scene I: Aria: La Patria gia sente il Nume presente (Our country feels the presence of God) (Bass, Chorus)
4.

-

**:**
»  Scene I: Chorus: Qual'indegno! il seren di nostra pace (What an outrage! Does someone dare disturb our serenity?)
5.

-

**:**
»  Scene II: Recitative: Popoli, amici!... (People, friends!...) (Bass, Chorus)
6.

-

**:**
»  Scene II: Aria: A combatter ci chiama la tromba: de' timballi gia il suono rimbomba (The trumpet calls us to battle) (Tenor, Chorus)
7.

-

**:**
»  Scene III: Chorus: Vittoria, Vittoria (Victory, Victory)
8.

-

**:**
»  Scene III: Recitative: Ah si l'arpa si rechi: sulle dita scorre (Ah yes, take up your harp: the song of victory) (Soprano)
9.

-

**:**
»  Scene III: Trio with Chorus: Rodolfo onor de' Cesari, invitto Eroe, dov'e? (Where is Rudolf, honour of emperors, undefeated hero?) (Soprano, Bass, Chorus, Tenor)
10.

-

**:**
»  Scene III: Recitative: Qual solenne concento l'orecchio ne percuote? (What solemn harmony strikes our ears?) (Tenor, Chorus)
11.

-

**:**
»  Scene III: Chorus: Scendi de' cantici, alma custode! (Descend from our songs guardian angel!)
12.

-

**:**
»  Scene III: Recitative: Ecco il tempio: ecco l'ara (Here is the temple, here the altar) (Soprano, Tenor)
13.

-

**:**
»  Scene III: Trio with Chorus: Tu, che del fulmine movi il potere (You who have power over the thunderbolt) (Soprano, Chorus)
14.

-

**:**
»  Scene III: Recitative: Ma, qual portento e questo? (What omen is this?) (Soprano, Chorus)
15.

-

**:**
»  Scene III: Trio with Chorus: Chi del cielo la voce comprende (He who understands the voice of heaven) (Soprano, Bass, Chorus)
16.

-

**:**
»  Scene III: Finale: Trio with Chorus: Di bel contento l'etra risuoni (Let heaven resound with sweet contentment)
17.

-

 
**:**
Cantata sopra la morte di Beethoven (Cantata for the Death of Beethoven)
18.
録音: 15 - 18 September 2005, Asamkirche Maria de Victoria, Ingolstadt
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/137118
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ここのところ再評価の機運が著しい、ドイツ出身でイタリアのベルガモに移り住んだマイール。彼こそは、ロッシーニやドニゼッティによるイタリアオペラの隆盛の時代への橋渡しをした人物とされています。しかし作風はドイツらしさが滲み出た堅実さを示します。特に注目は「ベートーヴェンの死に寄せるカンタータ」。幾つかのベートーヴェン作品が引用される、タイトルがイメージする暗さの無いオマージュ的作品で、特に「交響曲第6番」の引用は聴きどころです。劇的カンタータ「調和」は声楽曲の大作で、聴衆を喜ばせる術を心得た明るい作品です。作曲者の生地の近く、インゴルシュタットで録音された、素朴さの残る暖かい演奏でお届けします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。