ホーム > アルバム > 8.558057 芸術と音楽:ダ・ヴィンチ - その時代の音楽

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.558057
CD発売時期
2003年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲), 器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
アレクサンドル・アグリコラ Alexander Agricola , ハインリヒ・イザーク Heinrich Isaac , ヤコブ・オブレヒト Jacob Obrecht , マルケット・カーラ Marchetto Cara , ジョスカン・デ・プレ Josquin des Prez, , マルコ・ダッラクイラ Marco Dall'Aquila , ヨアン・アンブロシオ・ダルツァ Joan Ambrosio Dalza , ギヨーム・デュファイ Guillaume Dufay , バルトロメオ・トロンボンチーノ Bartolomeo Tromboncino , 不詳 Anonymous
作詞家
ジョスカン・デ・プレ Josquin des Prez, , 不詳 Anonymous , ペトラルカ Petrarch, , ミサ典礼文 Mass Text
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
アンサンブル・ヴィラネッラ Ensemble Villanella , アンサンブル・ユニコーン Ensemble Unicorn , オックスフォード・カメラータ Oxford Camerata , ジェレミー・サマリー Jeremy Summerly , ミヒャエル・ポッシュ Michael Posch , シャーリー・ラムゼイ Shirley Rumsey , ロンドン・スコラーズ Scholars of London

芸術と音楽:ダ・ヴィンチ - その時代の音楽

Art and Music: Da Vinci - Music of His Time

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.558057

全トラック選択/解除

ギヨーム・デュファイ - Guillaume Dufay (1397-1474)

**:**
Helas mon dueil
1.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32348

ハインリヒ・イザーク - Heinrich Isaac (1455-1517)

**:**
5声のカルメン
2.

Carmen a 5

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817570

アレクサンドル・アグリコラ - Alexander Agricola (1446-1506)

**:**
Soit loing ou pres
3.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817571
 
**:**
私の愛しい女はあらゆるすぐれた才にたけ 第3番
4.

De tous biens plaine

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817572
 
**:**
Ay je rien fet
5.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817573

ハインリヒ・イザーク - Heinrich Isaac (1455-1517)

**:**
La mi lasol
6.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817574

ジョスカン・デ・プレ - Josquin des Prez, (1455-1521)

**:**
Faute d'argent
7.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817575
 
**:**
千々の悲しみ
8.

Mille regretz

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817576

ヤコブ・オブレヒト - Jacob Obrecht (1450-1505)

**:**
Stat ein Meskin
9.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817577
**:**
即興的な前奏
10.

Tastar de corde

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817578

マルケット・カーラ - Marchetto Cara (1465-1525)

**:**
Mal un muta per effecto
11.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817579

バルトロメオ・トロンボンチーノ - Bartolomeo Tromboncino (1470-1535)

**:**
A la guerra a la guerra
12.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817580

マルコ・ダッラクイラ - Marco Dall'Aquila (1480-1538)

**:**
リチェルカーレ
13.

Ricercar

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817581

ジョスカン・デ・プレ - Josquin des Prez, (1455-1521)

**:**
Scaramella va alla guerra
14.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817582

マルコ・ダッラクイラ - Marco Dall'Aquila (1480-1538)

**:**
Saltarello, "La traditora"
15.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817583

ジョスカン・デ・プレ - Josquin des Prez, (1455-1521)

**:**
こおろぎ
16.

El grillo

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817584

不詳 - Anonymous

**:**
武装した人(ロム・アルメ)
17.

L'homme armé

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817585

ギヨーム・デュファイ - Guillaume Dufay (1397-1474)

**:**
Missa L'homme armé: Kyrie
18.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817586

ヤコブ・オブレヒト - Jacob Obrecht (1450-1505)

**:**
Salve Regina (six-part)
19.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817587

ジョスカン・デ・プレ - Josquin des Prez, (1455-1521)

**:**
アブサロム、我が息子
20.

Absalon, fili mi

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817588

不詳 - Anonymous

**:**
武装した人(ロム・アルメ)
21.

L'homme armé

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817589

ジョスカン・デ・プレ - Josquin des Prez, (1455-1521)

**:**
Missa L'homme armé: Kyrie
22.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817590
 
**:**
Missa L'homme armé: Agnus Dei
23.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9817591
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2013/02/26
イタリアのルネサンス期を代表する芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)は、そのあまりにも広範囲な才能から「万能人(uomo universale)(ウォモ・ウニヴェルサーレ)」とも呼ばれています。彼の父と母は正式な婚姻関係になく、「それが原因で父の職業である公証人を継ぐことができなかった」という説も流布していますが、もし彼が公証人になっていたとしたら、今の私たちに、あの神秘的な微笑を湛えた「モナ・リザ」も、名画「最後の晩餐」も残されていなかったことでしょう。彼の生涯は多くのエピソードに彩られていますが、未だ解明されない謎も多く、現代でも多くの人々が彼の創作の源を探るべく、研究に研究を重ねています。画家、工学者、医学者としても才能を発揮しましたが、実は音楽家としての天分にも恵まれていて、リュートや自作のリラを弾きながら歌い、ヴィオラ・オルガニスタや紙オルガンなどの新しい楽器のアイディアも構想したというのですから、驚くばかりです。彼が活躍した当時の音楽界は、中期ルネサンスにあたる時期で、教会ではラテン語によるミサ曲やモテットが歌われ、街の中ではフランス語によるシャンソンが大流行していました。現代の音楽とは違う調性感やハーモニーは、まさに「雅びの世界」を意識させてくれるものばかりです。このアルバムにも収録されている「武装した人」は本来、そんな作曲家不詳のメロディですが、デュファイがミサ曲の定旋律として用いてから(他の作曲家という説もある)広く知られるようになり、この当時の作曲家は一度はこのメロディを使った曲を書いたとされています。音楽にも通じていたダ・ヴィンチがこの曲を耳にしていたことは間違いないでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。