ホーム > アルバム > 8.558058 芸術と音楽:モネ - その時代の音楽

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.558058
CD発売時期
2003年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar , エマニュエル・シャブリエ Emmanuel Chabrier , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , ジョルジュ・ビゼー Georges Bizet , ガブリエル・フォーレ Gabriel Fauré , エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
アーティスト
BBCフィルハーモニー管弦楽団 BBC Philharmonic Orchestra , アイルランド国立交響楽団 Ireland National Symphony Orchestra , カメラータ・ブダペスト Camerata Budapest , サンディエゴ交響楽団 San Diego Symphony Orchestra , スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団 Slovak Philharmonic Orchestra , ヨアフ・タルミ Yoav Talmi , フランソワ・ジョエル・ティオリエ François-Joël Thiollier , ジョージ・ハースト George Hurst , マイケル・ヒーリー Michael Healy , アンソニー・ブラモール Anthony Bramall , モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団 Monte-Carlo Philharmonic Orchestra , アレクサンダー・ラハバリ Alexander Rahbari

芸術と音楽:モネ - その時代の音楽

Art and Music: Monet - Music of His Time

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.558058

全トラック選択/解除

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
序曲「海賊」 Op. 21
1.

Overture Le Corsaire, Op. 21

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32376

ジョルジュ・ビゼー - Georges Bizet (1838-1875)

**:**
アルルの女 組曲第1番 - 第2曲 メヌエット
2.

Minuet (L'Arlesienne Suite I)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32377
 
**:**
アルルの女 組曲第1番 - 第3曲 アダージェット
3.

Adagietto (L'Arlesienne Suite I)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32378

エマニュエル・シャブリエ - Emmanuel Chabrier (1841-1894)

**:**
Prelude Pastoral

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32379
**:**
»  Prélude Pastoral
4.

-

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
帝国行進曲 Op. 32
5.

Imperial March, Op. 32

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32380

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
夜想曲 - 第2曲 祭

Fetes (Nocturnes)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32381
**:**
»  Fêtes (Nocturnes)
6.

-

 
**:**
交響詩「海」 - 第1楽章 海の夜明けから真昼まで

De l'aube a midi sur la mer (La mer)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32382
**:**
»  De l'aube à midi sur la mer (La mer)
7.

-

ガブリエル・フォーレ - Gabriel Fauré (1845-1924)

**:**
マスクとベルガマスク Op. 112 - 序曲
8.

Ouverture (Masques et bergamasques)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32383
 
**:**
マスクとベルガマスク Op. 112 - 第4曲 パストラーレ
9.

Pastorale (Masques et bergamasques)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32384

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
海原の小舟

Une barque sur l'ocean (Miroirs)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32385
**:**
»  第3曲 海原の小舟
10.

-

Une barque sur l'océan (Miroirs)

 
**:**
鏡 - 第5曲 鐘の谷

La vallee des cloches (Miroirs)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32386
**:**
»  第5曲 鐘の谷
11.

-

La vallée des cloches (Mirors)

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
映像 第1集 - 第1曲 水の反映
12.

Images, Book 1: No. 1. Reflets dans l'eau (Reflections in the water)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32387
 
**:**
版画 - 第3番 雨の庭

Estampes: III. Jardins sous la pluie

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32388
**:**
»  第3曲 雨の庭
13.

-

Jardins sous la pluie (Estampes)

 
**:**
前奏曲集 第1集 - 第4曲 夕べの大気に漂う音と香り
14.

Les sons et les parfums tournent dans l'air du soir (Préludes I)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32389
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/02/26
少年の頃から絵画の才能に抜きんでていたというクロード・モネ(1840-1926)。彼は印象派を代表するフランスの巨匠であり、また生涯を通じて「光を描くこと」に力を注いだ画家でした。パリのラフィット街に生まれ、5歳の時、一家でノルマンディー地方のセーヌ河口の街ル・アーヴルに移住。10代の頃から色々な絵を書き始め、16歳でコレージュ(フランスの前期中等教育機関)を退学し本格的に絵の修業に励みます。そして18歳の時に素晴らしい風景画家ウジェーヌ・ブーダンに出会ったことで、彼の方向性は完全に方向つけられたと言ってもよいでしょう。時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化をキャンバスへ移し取ることは彼にとってライフワークとなりました(しかし、皮肉なことに当時のサロンや批評家の間で高く評価されたのは、彼の描く人物画だったのですが)。1874年に、後に「第1回印象派展」と呼ばれるようになった展覧会が催され、モネもいくつかの作品を出品、その中の一枚「印象、日の出」が、「印象派」という名前の由来となったことはご存知の方も多いことでしょう。この潮流は当時のフランスを席巻し、音楽の世界でもドビュッシーを始めとした「印象派」の作曲家たちが出現したのです。「海」や「夜想曲」は紛れもなくモネの描く色彩と同じものを有しています。そうそう、1898年から1901年には毎年ロンドンに出掛けたモネが、サヴォイホテルの窓から景色を眺めていた頃、エルガーは同じ風景を見ながら「コケイン」を書いていたかもしれません。ここではその4年前に書かれた「帝国行進曲」を収録しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。