ホーム > アルバム > 8.559005 グールド:アメリカン・バラーズ/フォスター・ギャラリー/アメリカの挨拶(ウクライナ国立響/クチャル)

グールド:アメリカン・バラーズ/フォスター・ギャラリー/アメリカの挨拶(ウクライナ国立響/クチャル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559005
CD発売時期
2000年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
モートン・グールド Morton Gould
編曲者
リチャード・ヘイマン Richard Hayman
アーティスト
ウクライナ国立交響楽団 Ukraine National Symphony Orchestra , テオドレ・クチャル Theodore Kuchar

グールド:アメリカン・バラーズ/フォスター・ギャラリー/アメリカの挨拶(ウクライナ国立響/クチャル)

GOULD, M.: American Ballads / Foster Gallery / American Salute (Ukraine National Symphony, Kuchar)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559005

全トラック選択/解除

モートン・グールド - Morton Gould (1913-1996)

**:**
アメリカン・バラード

American Ballads

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22539
**:**
»  I. Star-Spangled Overture
1.

-

**:**
»  II. Amber Waves
2.

-

**:**
»  III. Jubilo
3.

-

**:**
»  IV. Memorials
4.

-

**:**
»  V. Saratoga Quickstep
5.

-

**:**
»  VI. Hymnal
6.

-

 
**:**
Foster Gallery

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22540
**:**
»  I. Camptown Races
7.

-

**:**
»  II. Come Where My Love Lies Dreaming
8.

-

**:**
»  III. Canebreak Jig
9.

-

**:**
»  IV. Swanee River
10.

-

**:**
»  V. Camptown Variation
11.

-

**:**
»  VI. Old Black Joe and My Old Kentucky Home
12.

-

**:**
»  VII. Village Festival - Quadrilles And Waltzes
13.

-

**:**
»  VIII. Jeannie with the Light Brown Hair
14.

-

**:**
»  IX. Camptown Variation
15.

-

**:**
»  X. Hymns: Where is Thy Spirit Mary and The Angels are Singing unto Me
16.

-

**:**
»  XI. Variation on Comrades, Fill No Glass for Me and Kitty Bell
17.

-

**:**
»  XII. Camptown Variation
18.

-

**:**
»  XIII. Oh, Susanna (Finale)
19.

-

 
**:**
アメリカン・サリュート
20.

American Salute

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22558
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
どこからどう聴いても100%アメリカ、クラシックとポピュラーの二股をかけて大活躍したモートン・グールドの楽しい(そして意外にシリアスな)オーケストラ作品集です。とりわけ面白いのは、フォスターの名旋律の数々を変幻自在に紡いで作曲された「フォスター・ギャラリー」でしょう。フォスターの中でも最も有名な「草競馬」の変奏を、ムソルグスキーの「展覧会の絵」の「プロムナード」よろしく、曲間の随所に挿入しているのもユニークなところです。その他、アメリカ国家の断片を巧みにパッチワークして作曲された「星条旗序曲」などが象徴的ですが、どれも気楽に楽しめる仕上がりながら、実はそのバックにある超一流の職人芸にも、是非耳をお傾け向け下さい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。