ホーム > アルバム > 8.559049 マクダウェル:ピアノ協奏曲 第1番、第2番/魔女の踊り(プルツマン/アイルランド国立響/フェイゲン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559049
CD発売時期
2000年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エドワード・マクダウェル Edward MacDowell
アーティスト
アイルランド国立交響楽団 Ireland National Symphony Orchestra , アシュリン・ドルーリー・バーン Aisling Drury Byrne , アーサー・フェイゲン Arthur Fagen , スティーヴン・プラッツマン Stephen Prutsman

マクダウェル:ピアノ協奏曲 第1番、第2番/魔女の踊り(プルツマン/アイルランド国立響/フェイゲン)

MACDOWELL: Piano Concertos Nos. 1 and 2 / Witches' Dance

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559049

全トラック選択/解除

エドワード・マクダウェル - Edward MacDowell (1860-1908)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 イ短調 Op. 15

Piano Concerto No. 1 in A Minor, Op. 15

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/20718
**:**
»  I. Maestoso - Allegro con fuoco
1.

-

**:**
»  II. Andante tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 Op. 23

Piano Concerto No. 2 in D Minor, Op. 23

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/20719
**:**
»  I. Larghetto calmato
4.

-

**:**
»  II. Presto giocoso
5.

-

**:**
»  III. Largo - Molto allegro
6.

-

 
**:**
Hexentanz (Witches' Dance), Op. 17, No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/20720
**:**
»  Hexentanz (Witches' Dance) Op. 17 No. 2
7.

-

 
**:**
Romance for Cello and Orchestra, Op. 35
8.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/20721
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
華やかなピアノ技巧、爽やかな詩情、そして哀愁味を巧みにブレンドしたマクダウェルのピアノ協奏曲は、ロマン派大好き、ピアノ大好き人間にとってはたまらない魅力を持っています。後期ロマン派のドロドロ路線の手前に位置し、ピアノ技巧も華麗ではあるものの凝り過ぎてはいないといった点で、グリーグやサン=サーンスのピアノ協奏曲に近いものがあるといってよいでしょう。特にイ短調で巨匠・リストに認められるという、グリーグのピアノ協奏曲と共通の調性とエピソードを持つ第1番は、かなり似ているといっても過言ではなく、そっくりポイント探しをしても面白いかもしれません。なお独奏者プルッツマンの鮮やかな指捌きにも要注目!です。
レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/03/05
エドワード・マグダウェルの代表作ピアノ協奏曲第2番が初演されたのが1889/3/5。マグダウェルはニューヨーク出身の作曲家でピアニスト。パリ音楽院からドイツに留学しヨアヒム・ラムに師事。欧州滞在が長かった関係もあってか作風はドイツ・ロマン派の影響を大きく受けています。帰国後はコロンビア大学の音楽科教授に就任。不幸にも馬車に撥ねられた後遺症が因で亡くなりました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。