ホーム > アルバム > 8.559063 バラーティ:交響曲第1番「アルプス交響曲」/闇の歌/光の歌(ブダペスト響/コヴァーチ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559063
CD発売時期
2002年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジョージ・バラティ George Barati
アーティスト
ウラディミール・ヴァーレク Vladimír Válek , ラースロー・コヴァーチ László Kovács , チェコ放送交響楽団 Czech Radio Symphony Orchestra , ブダペスト交響楽団 Budapest Symphony Orchestra

バラーティ:交響曲第1番「アルプス交響曲」/闇の歌/光の歌(ブダペスト響/コヴァーチ)

BARATI: Symphony No. 1 / Chant of Darkness / Chant of Light

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559063

全トラック選択/解除

ジョージ・バラティ - George Barati (1913-1996)

**:**
交響曲第1番「アルプス交響曲」

Symphony No. 1, "Alpine Symphony"

録音: 20-23 April 1998, Budapest
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29690
**:**
»  I. Maestoso
1.

-

**:**
»  II. Andantino tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Allegro con fuoco
3.

-

 
**:**
光の歌
4.

Chant of Light

録音: 20-23 April 1998, Budapest
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29691
 
**:**
闇の歌
5.

Chant of Darkness

録音: 20-23 April 1998, Prague
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29692
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ハンガリーに生まれ、その後半生をアメリカで送ったバラティの、非常にパワフルなオーケストラ曲による1枚です。「アルプス交響曲」といえば、R.シュトラウスの同名曲が思い起こされますが、楽曲の内容はかなり対照的ともいえ、アルプスの偉容を綴った音楽ではあっても直接的な描写的要素は余りなく、作曲当時スイスに滞在していた作曲者自身のエモーショナルな体験がぶつけられた、といった感のある音楽となっています。「闇の歌」は、作曲者自身が娘を亡くした悲しみを綴った音楽と語っていますが、確かにペシミスティックな雰囲気に満ちており、終結部の圧倒的盛り上がりにも、肺腑を抉るような痛ましさがあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。