ホーム > アルバム > 8.559129 ロックバーグ:ヴァイオリン協奏曲(スケアヴェズ/ザールブリュッケン放送響/リンドン=ジー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559129
CD発売時期
2004年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ジョージ・ロックバーグ George Rochberg
アーティスト
ザールブリュッケン放送交響楽団 Saarbrücken Radio Symphony Orchestra , ピーター・シェパード・スケアヴェズ Peter Sheppard Skærved , クリストファー・リンドン=ジー Christopher Lyndon-Gee

ロックバーグ:ヴァイオリン協奏曲(スケアヴェズ/ザールブリュッケン放送響/リンドン=ジー)

ROCHBERG: Violin Concerto

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559129

全トラック選択/解除

ジョージ・ロックバーグ - George Rochberg (1918-2005)

**:**
ヴァイオリン協奏曲(オリジナル・バージョン)

Violin Concerto (original version)

録音: 16-18 April 2002, Halberg Broadcasting House, Saarbrucken, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42441
**:**
»  Introduction
1.

-

**:**
»  Intermezzo A
2.

-

**:**
»  Fantasia
3.

-

**:**
»  Intermezzo B
4.

-

**:**
»  Epilogue
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ロックバーグのヴァイオリン協奏曲は、かつてアイザック・スターンの演奏、LP録音により、知る人ぞ知る曲でした。しかしそれは、この大ヴァイオリニストの意向で、作曲者のオリジナルの着想よりも、大幅に短縮されたものでした。ロックバーグといえば、無伴奏ヴァイオリンのために、パガニーニの主題による、何と51もの変奏からなるカプリス変奏曲を手掛けたことでも知られています。それだけにあって、当初の姿を復元した本録音は、特にヴァイオリン・ファンにとっては待望の新録音といえましょう。決して徒に名人芸的な曲ではありませんが、濃密な書法が随所に登場してうならされます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。