ホーム > アルバム > 8.559151 カーター:交響曲第1番/ピアノ協奏曲/祭日序曲(ナッシュヴィル響/シャーマーホーン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559151
CD発売時期
2004年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エリオット・カーター Elliott Carter
アーティスト
マーク・ウェイツ Mark Wait , ケネス・シャーマーホーン Kenneth Schermerhorn , ナッシュヴィル交響楽団 Nashville Symphony Orchestra

カーター:交響曲第1番/ピアノ協奏曲/祭日序曲(ナッシュヴィル響/シャーマーホーン)

CARTER: Piano Concerto / Symphony No. 1 / Holiday Overture

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559151

全トラック選択/解除

エリオット・カーター - Elliott Carter (1908-2012)

**:**
Holiday Overture
1.
録音: 15 September 2002, Ingram Hall, Blair School of Music, Nashville, TN
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42203
 
**:**
交響曲第1番

Symphony No. 1

録音: 15 September 2002, Ingram Hall, Blair School of Music, Nashville, TN
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42204
**:**
»  I. Moderately, wistfully
2.

-

**:**
»  II. Slowly, gravely
3.

-

**:**
»  III. Vivaciously
4.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲

Piano Concerto

録音: 27 October 2002, Ingram Hall, Blair School of Music, Nashville, TN
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42205
**:**
»  I. –
5.

-

**:**
»  II. –
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
カーターといえば、20世紀アメリカ作曲界を代表する大御所の一人で、いかにもゲンダイオンガク的、複雑で演奏至難な作品を作曲したことで知られています。そんなイメージどおりなのがピアノ協奏曲、親しみやすいメロディーなどまるで存在せず、どこまでも辛口で、錯綜するパッセージの連続です。しかしその美しいこと! 耳に優しい現代作品も増えてきた今こそ、こういったガチンコのストロング・スタイルの良さを、改めて見直したいものです。なおその他の2曲は、イメージに逆らった親しみやすさに意表を突かれるかも!?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。