ホーム > アルバム > 8.559173 ハービソン:4つの孤独な歌/ヴァリエーション/たそがれの音楽(シュペクトラム・コンチェルト・ベルリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559173
CD発売時期
2003年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ジョン・ハービソン John Harbison
アーティスト
ラース・ワウテルス・ファン・デン・オウデンウェイェル Lars Wouters van den Oudenweijer , ベルンハルト・クルーク Bernhard Krug , スペクトラム・コンサーツ・ベルリン Spectrum Concerts Berlin , ダニエル・ブルメンタール Daniel Blumenthal , ジャニーヌ・ヤンセン Janine Jansen

ハービソン:4つの孤独な歌/ヴァリエーション/たそがれの音楽(シュペクトラム・コンチェルト・ベルリ)

HARBISON: Four Songs of Solitude / Variations / Twilight Music

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559173

全トラック選択/解除

ジョン・ハービソン - John Harbison (1938-)

**:**
変奏曲集

Variations

録音: 30 May 2000, Mosaikhalle at Siemens in Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37339
**:**
»  Violin and Clarinet Alone
1.

-

**:**
»  Piano Alone
2.

-

**:**
»  Clarinet, with Piano
3.

-

**:**
»  Violin, with Piano
4.

-

**:**
»  All Three
5.

-

**:**
»  Violin and Clarinet Alone
6.

-

**:**
»  Violin, with Piano
7.

-

**:**
»  Clarinet, with Piano
8.

-

**:**
»  Piano, with Violin and Clarinet
9.

-

**:**
»  All Three
10.

-

**:**
»  Symbol
11.

-

**:**
»  Fughetta
12.

-

**:**
»  Waltz
13.

-

**:**
»  Passacaglia
14.

-

**:**
»  Aria
15.

-

**:**
»  Finale and Epilogue
16.

-

 
**:**
4つの孤独な歌

Four Songs of Solitude

録音: 17 September 2002, Teldec Studio Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37340
**:**
»  Song 1
17.

-

**:**
»  Song 2
18.

-

**:**
»  Song 3
19.

-

**:**
»  Song 4
20.

-

 
**:**
トワイライト・ミュージック

Twilight Music

録音: 30 May 2000, Mosaikhalle at Siemens in Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37341
**:**
»  Con moto, flessibile
21.

-

**:**
»  Ossessivo
22.

-

**:**
»  Antiphon: tempo giusto
23.

-

**:**
»  Adagio, cantabile
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ピューリッツァー賞にも輝いたハービソンによる、演奏効果に富む室内楽曲3曲です。ピアノ、ヴァイオリンに管楽器を加えた2曲の三重奏曲(「変奏曲」ではクラリネット、「トワイライト・ミュージック」ではホルン)では、それぞれの楽器の持つ「らしさ」と、それらの組み合わせの面白さの両者がうまく引き出されています。例えば前者の終曲や、後者の第2楽章に聴く音の渦などは手に汗を握る展開といえましょう。「4つの孤独な歌」は、無伴奏ヴァイオリン曲ですが、しなやかなヴァイオリン的な表現に満ちながら、このジャンルの楽曲にありがちな「力み」が少なく、そのタイトルにもなるほど、といった感があります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。