ホーム > アルバム > 8.559176 エバーハード:ピアノ協奏曲/プロメテウスの嘆き(ディノヴァ/サンクトペテルブルク・カペラ響/チェルヌシェンコ)

エバーハード:ピアノ協奏曲/プロメテウスの嘆き(ディノヴァ/サンクトペテルブルク・カペラ響/チェルヌシェンコ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559176
CD発売時期
2004年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 協奏曲
作曲家
デニス・エバーハード Dennis Eberhard
アーティスト
サンクトペテルブルク・カペラ交響楽団 St. Petersburg Cappella Symphony Orchestra , アレクサンドル・チェルヌシェンコ Alexander Tchernoushenko , ハリダ・ディノヴァ Halida Dinova , ペトル・ミグノフ Peter Migunov

エバーハード:ピアノ協奏曲/プロメテウスの嘆き(ディノヴァ/サンクトペテルブルク・カペラ響/チェルヌシェンコ)

EBERHARD: Piano Concerto / Prometheus Wept

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559176

全トラック選択/解除

デニス・エバーハード - Dennis Eberhard (1943-)

**:**
ピアノ協奏曲 「白鳥の影」

Piano Concerto, "Shadow of the Swan"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/43378
**:**
»  I. The Fall
1.

-

**:**
»  II. Requiem
2.

-

**:**
»  III. Quickening
3.

-

 
**:**
プロメテウスの嘆き
4.

Prometheus Wept

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/43379
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
アメリカの作曲家エバーハードの世界初録音曲を2曲。我々日本人は、まず「プロメテウスの嘆き」を聴かなければなりません。サブタイトルから明らかなように、広島・長崎の原爆犠牲者に寄せる音楽として書かれたものです。無伴奏バス独唱がロシア正教の典礼の伝統に則る形で、静かに歌いだし徐々に高揚、その後は弦楽合奏が引き継ぎます。「ピアノ協奏曲」は、ピアニストのディノワの見事なスクリャービン演奏に感動した作曲者が、彼女のために書いた協奏曲ですが、第2楽章作曲中に原潜クルスクの悲劇の報を知り、事故の犠牲者に捧げられました。人間の精神の不屈を称える意欲作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。