ホーム > アルバム > 8.559196 ナンカロウ:小管弦楽のための小品/タンゴ?/弦楽四重奏曲第1番(セルツァー/コンティヌム/ザックス)

ナンカロウ:小管弦楽のための小品/タンゴ?/弦楽四重奏曲第1番(セルツァー/コンティヌム/ザックス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559196
CD発売時期
2005年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
コンロン・ナンカロウ Conlon Nancarrow
編曲者
イヴァ・エミリアン・ミカショフ Yvar Emilian Mikhashoff
アーティスト
ミア・ウー Mia Wu , レイチェル・エヴァンス Rachel Evans , マリア・キツォポウロス Maria Kitsopoulos , デヴィッド・クラカウアー David Krakauer , コンティニュアム Continuum , ジョエル・ザックス Joel Sachs , マーク・スタインバーグ Mark Steinberg , シェリル・セルツァー Cheryl Seltzer , Celeste Marie Roy

ナンカロウ:小管弦楽のための小品/タンゴ?/弦楽四重奏曲第1番(セルツァー/コンティヌム/ザックス)

NANCARROW: Pieces for Small Orchestra / Tango? / String Quartet No. 1

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559196

全トラック選択/解除

コンロン・ナンカロウ - Conlon Nancarrow (1912-1997)

**:**
小管弦楽のための小品第1番
1.

Piece No. 1 for Small Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89059
 
**:**
ヴァイオリンと自動ピアノのためのトッカータ
2.

Toccata for Violin and Player Piano

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89061
 
**:**
前奏曲とブルース
3.

Prelude and Blues

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89062
 
**:**
習作第15番
4.

Study No. 15 (trans. Y. Mikhashoff)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89063
 
**:**
タンゴ?
5.

Tango?

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89065
 
**:**
ソナチネ

Sonatina (trans. Y. Mikhashoff)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89064
**:**
»  I. Presto
6.

-

**:**
»  II. Moderato
7.

-

**:**
»  III. Allegro molto
8.

-

 
**:**
三重奏のための楽章
9.

Trio Movement

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89066
 
**:**
弦楽四重奏曲第1番

String Quartet No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89067
**:**
»  I. Allegro molto
10.

-

**:**
»  II. Andante moderato
11.

-

**:**
»  III. Prestissimo
12.

-

 
**:**
小管弦楽のための小品第2番
13.

Piece No. 2 for Small Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89060
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ナンカロウといえば、人間には演奏不可能な超複雑なリズムや対位法、猛スピードのパッセージを駆使した、自動ピアノ用の作品群が有名ですが、当盤は「生身の人間」による演奏にこだわった内容となっています。そのため、収録曲の構想自体は、彼の作品の中では最も過激なものとはなっていませんが、そのリアライズ=生身の人間による表情豊かな演奏までを含めたトータルの面白度では、決して自動ピアノ作品に劣るものではありません。特に楽想の類似性が高い「小品第2番」などでは、強くその感を受けます。また、彼の音楽のもう一つの魅力であるジャズ、ブルース系の哀感も、生身の演奏ではより魅力的に引き出されているといえましょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。