ホーム > アルバム > 8.559226 キム:ヴァイオリン協奏曲/対話/コルネット(アイルランド国立響/ヨー)

キム:ヴァイオリン協奏曲/対話/コルネット(アイルランド国立響/ヨー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559226
CD発売時期
2005年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アール・キム Earl Kim
アーティスト
アイルランド国立交響楽団 Ireland RTÉ National Symphony Orchestra , セシリア・アルゼウスキ Cecylia Arzewski , ウィリアム・ウォルフラム William Wolfram , スコット・ヨー Scott Yoo , Robert Kim

キム:ヴァイオリン協奏曲/対話/コルネット(アイルランド国立響/ヨー)

KIM: Violin Concerto / Dialogues / Cornet

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559226

全トラック選択/解除

アール・キム - Earl Kim (1920-1998)

**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91280
**:**
»  Part I: Adagio molto sostenuto
1.

-

**:**
»  Part I: Variation 1
2.

-

**:**
»  Part I: Variation 2: poco scherzando
3.

-

**:**
»  Part I: Episode 1
4.

-

**:**
»  Part I: Episode 2: cadenza
5.

-

**:**
»  Part II: Introduction
6.

-

**:**
»  Part II: Episode: Adagio, ma non troppo/con affetto
7.

-

**:**
»  Part II: Finale: Allegro molto
8.

-

 
**:**
Dialogues
9.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91281
 
**:**
Cornet

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91282
**:**
»  I. Riding, riding, riding, through the day, through the night, through the day
10.

-

**:**
»  II. Von Langenau stirs in his saddle and says: "My Lord Marquis..."
11.

-

**:**
»  III. Camp-fire. They sit round it and wait
12.

-

**:**
»  IV. The little Marquis says, "You are very young, Sir?"
13.

-

**:**
»  V. One day, in the morning, a horseman appears...
14.

-

**:**
»  VI. A day's ride with the Army
15.

-

**:**
»  VII. Von Langenau is writing a letter, deep in thought
16.

-

**:**
»  VIII. They ride over a slain peasant
17.

-

**:**
»  IX. It began as a feast. Then it became a festival, one hardly knows how
18.

-

**:**
»  X. And there is one who stands and gazes with wonder upon this splendour
19.

-

**:**
»  XI. "Have you forgotten that you are my page for this day?"
20.

-

**:**
»  XII. Slowly the castle lights go out
21.

-

**:**
»  XIII. Was a window open? Is the storm in the house?
22.

-

**:**
»  XIV. He races to out-strip the blazing corridors, through the burning embrace of red-hot doors...
23.

-

**:**
»  XV. Count von Langenau is right in the midst of the enemy, but quite alone
24.

-

**:**
»  XVI. The tunic was burnt in the castle, the letter and the rose-leaf of a lady unknown
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
その名前からわかるように、キムは韓国移民の子として生まれたアメリカの作曲家ですが、その音楽も純西洋クラシックというよりも、アジアンテイストを帯びたロマンが薫る、神秘的な美しさを持ったものとなっており、極めて個性的と申せましょう。パールマンに捧げられているヴァイオリン協奏曲は、確かに難曲なのですが、名人芸を披瀝するというよりも、美しい旋律を歌ったかと思うと、不可思議なパッセージを弾きまくったりと、謎めいた味わいです。また、「コルネット」はリルケの詩(の英訳)の朗読と音楽を融合させた作品ですが、詩の内容と言葉の抑揚に対する音楽のシンクロぶりには、うならされるものがあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。