ホーム > アルバム > 8.559243 ハービソン: ピアノ三重奏曲第2番/ギャツビィ・エチュード/ヴィオリニストのノート/ 10のマイクロ=ワルツ(相沢吏江子/アメリア・ピアノ・トリオ)

ハービソン: ピアノ三重奏曲第2番/ギャツビィ・エチュード/ヴィオリニストのノート/ 10のマイクロ=ワルツ(相沢吏江子/アメリア・ピアノ・トリオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559243
CD発売時期
2007年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ジョン・ハービソン John Harbison
アーティスト
相沢吏江子 Rieko Aizawa , アメリア・ピアノ・トリオ Amelia Piano Trio , イダ・カヴァフィアン Ida Kavafian , アンセア・クレストン Anthea Kreston , ジェイソン・ダクルス Jason Duckles , スティーヴン・テネンボム Steven Tenenbom , ジョン・ハービソン John Harbison

ハービソン: ピアノ三重奏曲第2番/ギャツビィ・エチュード/ヴィオリニストのノート/ 10のマイクロ=ワルツ(相沢吏江子/アメリア・ピアノ・トリオ)

HARBISON: Piano Trios / Gatsby Etudes / The Violist's Notebook / 10 Micro-Waltzes

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559243

全トラック選択/解除

ジョン・ハービソン - John Harbison (1938-)

**:**
Piano Trio No. 2, "Short Stories"

録音: 5-10 May 2005, Connecticut College, New London, Connecticut, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142755
**:**
»  I. Tale
1.

-

**:**
»  II. Ballad
2.

-

**:**
»  III. Rumors and Reports
3.

-

**:**
»  IV. Enigma
4.

-

 
**:**
Gatsby Etudes

録音: 5-10 May 2005, Connecticut College, New London, Connecticut, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142758
**:**
»  No. 1. Parlors
5.

-

**:**
»  No. 2. Parties
6.

-

**:**
»  No. 3. The Green Light
7.

-

 
**:**
The Violist's Notebook, Book I

録音: 5-10 May 2005, Connecticut College, New London, Connecticut, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142759
**:**
»  No. 1. —
8.

-

**:**
»  No. 2. —
9.

-

**:**
»  No. 3. —
10.

-

**:**
»  No. 4. —
11.

-

**:**
»  No. 5. —
12.

-

**:**
»  No. 6. —
13.

-

 
**:**
The Violist's Notebook, Book II

録音: 5-10 May 2005, Connecticut College, New London, Connecticut, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142773
**:**
»  No. 1. —
14.

-

**:**
»  No. 2. —
15.

-

**:**
»  No. 3. —
16.

-

**:**
»  No. 4. —
17.

-

**:**
»  No. 5. —
18.

-

**:**
»  No. 6. —
19.

-

 
**:**
10 Micro-Waltzes
20.
録音: 5-10 May 2005, Connecticut College, New London, Connecticut, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142760
 
**:**
Cucaraccia and Fugue

録音: 5-10 May 2005, Connecticut College, New London, Connecticut, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142761
**:**
»  Cucaraccia
21.

-

**:**
»  Fugue
22.

-

 
**:**
チェロ組曲

Cello Suite

録音: 5-10 May 2005, Connecticut College, New London, Connecticut, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142762
**:**
»  I. Preludio
23.

-

**:**
»  II. Fuga - Burletta
24.

-

**:**
»  III. Sarabanda
25.

-

**:**
»  IV. Giga
26.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲第1番
27.

Piano Trio No. 1

録音: 5-10 May 2005, Connecticut College, New London, Connecticut, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142763
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ピューリッツァー賞受賞歴もあるベテラン、ハービソンの近作をメインとする1枚です。ピアノ三重奏曲第2番は、作曲者自らハイドン的な機知に通ずるものがあると語っていますが、終楽章など確かに驚くような仕掛けがあります。「ギャツビィ・エチュード」は、自作のオペラ「華麗なるギャツビィ」の素材を利用した作品ですが、ゴキゲンな第2曲「パーティー」は、ボルコムやオルブライトの同趣向曲と並び立つ、現代ラグタイムの傑作と申せましょう。またハービソンはヴィオラ奏者でもありますが、「ヴィオリストのノート」、「クラカッチャとフーガ」(作曲者自身も演奏に参加)は、彼のヴィオラへの愛着が感じられる作品となっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。