ホーム > アルバム > 8.559258 アダモ:レイト・ビクトリアンズ/オールコットの音楽/天の女王(プーリー/サリヴァン/ラヴァリア/エクリプス室内管/アリメナ)

アダモ:レイト・ビクトリアンズ/オールコットの音楽/天の女王(プーリー/サリヴァン/ラヴァリア/エクリプス室内管/アリメナ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559258
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
マーク・アダモ Mark Adamo
作詞家
エミリー・ディキンソン Emily Dickinson , Richard Rodriguez
アーティスト
シルヴィア・アリメナ Sylvia Alimena , エクリプス室内管弦楽団 Eclipse Chamber Orchestra , アンドリュー・サリヴァン Andrew Sullivan , エミリー・プーリー Emily Pulley , ドティアン・ラヴァリア Dotian Levalier

アダモ:レイト・ビクトリアンズ/オールコットの音楽/天の女王(プーリー/サリヴァン/ラヴァリア/エクリプス室内管/アリメナ)

ADAMO, M.: Late Victorians / Alcott Music / Regina Coeli (Pulley, Sullivan, Levalier, Eclipse Chamber Orchestra, Alimena)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559258

全トラック選択/解除

マーク・アダモ - Mark Adamo (1962-)

**:**
レイト・ビクトリアンズ

Late Victorians

録音: 21 May 2007, George Washington Masonic Memorial, Alexandria, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/358014
**:**
»  I. Nineteen eighty-nine…
1.

-

**:**
»  II. He had been born in South America…
2.

-

**:**
»  III. I stood aloof at Cesar's memorial service…
3.

-

**:**
»  IV. Chorale - Sometimes no family came…
4.

-

 
**:**
4人の天使 - 天の女王
5.

4 Angels: III. Regina Coeli

録音: 21 October 2007, George Washington Masonic Memorial, Alexandria, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/358026
 
**:**
リストラータ(女の平和) - 序曲
6.

Lysistrata: Overture

録音: 21 October 2007, George Washington Masonic Memorial, Alexandria, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/358027
 
**:**
オールコットの音楽

Alcott Music

録音: 21 October 2007, George Washington Masonic Memorial, Alexandria, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/358051
**:**
»  I. Jo
7.

-

**:**
»  II. Meg
8.

-

**:**
»  III. Alma and Gideon
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「現在最も称賛されるオペラ作曲家」であるアメリカのマーク・アダモの作品集です。彼の音楽には様々な世論が反映され、常に多くの人への問題提起を怠ることがありません。例えば、最初はメゾ・ソプラノの歌曲集として着想された「後期ビクトリア朝時代」も、書き進めていく間に彼の思いが熟していき、一時は書くことができなくなってしまったほどだったと作曲家は語ります。語りと歌による劇音楽に、情熱の作家エミリー・ディキンスンの詩が美しく溶け込んでいます。闘病中のAIDS患者から得た霊感、中世の人々の途切れた記憶、反戦、オールコットの「若草物語」、そして、ハイドンの交響曲「告別」など色々なものから触発された彼の作品は現代人の疲れた心にひとときの安らぎと幽かな疑問を投げかけることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。