ホーム > アルバム > 8.559303 セレブリエール:交響曲第2番/ファンタジア/ヴァイオリン・ソナタ/冬の旅(ロンドン・フィル/セレブリエール)

セレブリエール:交響曲第2番/ファンタジア/ヴァイオリン・ソナタ/冬の旅(ロンドン・フィル/セレブリエール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559303
CD発売時期
2007年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ホセ・セレブリエール José Serebrier
アーティスト
ゴンサロ・アコスタ Gonzalo Acosta , ホセ・セレブリエール José Serebrier , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra

セレブリエール:交響曲第2番/ファンタジア/ヴァイオリン・ソナタ/冬の旅(ロンドン・フィル/セレブリエール)

SEREBRIER: Symphony No. 2, 'Partita' / Fantasia / Violin Sonata / Winterreise

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559303

全トラック選択/解除

ホセ・セレブリエール - José Serebrier (1938-)

**:**
Symphony No. 2, "Partita"

録音: 9-10 March 1999, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/157658
**:**
»  I. Prelude
1.

-

**:**
»  II. Funeral March, "Poema elegiaco"
2.

-

**:**
»  III. Interlude
3.

-

**:**
»  IV. Fugue
4.

-

 
**:**
Fantasia

録音: 9-10 March 1999, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/157659
**:**
»  Fantasia (version for string orchestra)
5.

-

 
**:**
Violin Sonata
6.
録音: 9-10 March 1999, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/157661
 
**:**
Winterreise
7.
録音: 9-10 March 1999, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/157660
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
セルやストコフスキーにも高く評価された、ウルグアイ出身のコンポーザー=コンダクターであるセレブリエールの自作自演集の続編です。特異な楽章構成が目を引く交響曲第2番は、ラテン音楽の要素が濃厚に織り込まれており、特に葬送行進曲とフーガにおいての打楽器群の炸裂は強烈です。また、無伴奏ヴァイオリン・ソナタは相当の技巧を要求する難曲ですが、なんと10歳の頃、ヴァイオリンを習い始めて間もなく作曲したというものだというのですからオドロキです。作曲理論に関する知識もあまりなく、あくまでも直感によって書かれたということですが、少年の作とは思えぬ妖気が漂っており、この才人の早熟な感性を証明していると申せましょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。