ホーム > アルバム > 8.559324 トッホ:ピアノ五重奏曲/ヴァイオリン・ソナタ第2番/ブルレスケ/3つの即興曲(シュペクトラム・コンチェルト・ベルリン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559324
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
エルネスト・トッホ Ernst Toch
アーティスト
スペクトラム・コンサーツ・ベルリン Spectrum Concerts Berlin , フランク S.・ダッジ Frank S. Dodge , ダニエル・ブルメンタール Daniel Blumenthal , アネット・フォン・ヘーン Annette von Hehn

トッホ:ピアノ五重奏曲/ヴァイオリン・ソナタ第2番/ブルレスケ/3つの即興曲(シュペクトラム・コンチェルト・ベルリン)

TOCH: Piano Quintet / Violin Sonata No. 2 / Burlesken / 3 Impromptus

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559324

全トラック選択/解除

エルネスト・トッホ - Ernst Toch (1887-1964)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番 Op. 44

Violin Sonata No. 2, Op. 44

録音: 4-5 May 2007, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/208287
**:**
»  I. トロヅィッグ
1.

-

I. Trotzig, ansturmend

**:**
»  II. インテルメッツォ - ダンサー風に グラツィオス(アレグロ)
2.

-

II. Intermezzo: Tanzerisch – grazios (Allegretto)

**:**
»  III. アレグロ・ジュスト
3.

-

III. Allegro giusto

 
**:**
ブルレスケ Op. 31

Burlesken, Op. 31

録音: 4-5 May 2007, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/208288
**:**
»  No. 1. 静かに
4.

-

No. 1. Gemachlich

**:**
»  No. 2. 明るくいきいきと
5.

-

No. 2. Lebhaft

**:**
»  No. 3. ジョングルール - ムイト・ヴィーヴォ(とても生き生きと)
6.

-

No. 3. Der Jongleur: Muito vivo (Sehr lebhaft)

 
**:**
3つの即興曲 Op. 90c

3 Impromptus, Op. 90c

録音: 4-5 May 2007, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/208289
**:**
»  No. 1. アンダンテ・カンタービレ
7.

-

No. 1. Andante cantabile

**:**
»  No. 2. アレグレット・グラツィオーソ
8.

-

No. 2. Allegretto grazioso

**:**
»  No. 3. アダージョ・コン・エスプレッショーネ
9.

-

No. 3. Adagio, con espressione

 
**:**
ピアノ五重奏曲 Op. 64

Piano Quintet, Op. 64

録音: 21 December 2007, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/208290
**:**
»  I. The Lyrical Part: Allegro non troppo
10.

-

**:**
»  II. The Whimsical Part
11.

-

**:**
»  III. The Contemplative Part: Adagio
12.

-

**:**
»  IV. The Dramatic Part
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
オーストリアで生まれマンハイム、ベルリンで教鞭を取り1933年戦争のためパリに亡命、1935年にアメリカに定住したトッホの作品は、モーツァルトと後期ロマン派の作風を根底に置きつつも、様々な現代的手法を盛り込んだ興味深い作品を多数書いています。強烈な印象を残す五重奏、ベルリン時代の陰鬱なヴァイオリン・ソナタなどシュペクトラム・コンチェルト・ベルリンの的確な演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。