ホーム > アルバム > 8.559354 エヴァンズ:弦楽四重奏曲第1番/グラス:弦楽四重奏曲第2番/アンタイル:弦楽四重奏曲第3番(ファイン・アーツ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559354
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ジョージ・アンタイル George Antheil , ラルフ・エヴァンズ Ralph Evans , フィリップ・グラス Philip Glass , バーナード・ハーマン Bernard Herrmann
アーティスト
ファイン・アーツ四重奏団 Fine Arts Quartet

エヴァンズ:弦楽四重奏曲第1番/グラス:弦楽四重奏曲第2番/アンタイル:弦楽四重奏曲第3番(ファイン・アーツ四重奏団)

EVANS, R.: String Quartet No. 1 / GLASS, P.: String Quartet No. 2 / ANTHEIL, G.: String Quartet No. 3 / HERRMANN, B.: Echoes

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559354

全トラック選択/解除

ラルフ・エヴァンズ - Ralph Evans (1953-)

**:**
弦楽四重奏曲第1番

String Quartet No. 1

録音: 17-19 March 2007, Il Bagno Konzertgalerie, Steinfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/212180
**:**
»  I. モデラート
1.

-

I. Moderato

**:**
»  II. アンダンテ・エスプレッシーヴォ
2.

-

II. Andante espressivo

**:**
»  III. アレグロ・スケルツァンド
3.

-

III. Allegro scherzando

フィリップ・グラス - Philip Glass (1937-)

**:**
弦楽四重奏曲第2番「カンパニー」

String Quartet No. 2, "Company"

録音: 17-19 March 2007, Il Bagno Konzertgalerie, Steinfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1020133
**:**
»  I. 四分音符 = 96
4.

-

I. quarter note = 96

**:**
»  II. 四分音符 = 160
5.

-

II. quarter note = 160

**:**
»  III. 四分音符 = 96
6.

-

III. quarter note = 96

**:**
»  IV. 四分音符 = 160
7.

-

IV. quarter note = 160

ジョージ・アンタイル - George Antheil (1900-1959)

**:**
弦楽四重奏曲第3番

String Quartet No. 3

録音: 17-19 March 2007, Il Bagno Konzertgalerie, Steinfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1020134
**:**
»  I. アレグレット
8.

-

I. Allegretto

**:**
»  II. ラルゴ
9.

-

II. Largo

**:**
»  III. クアジ・プレスト(スケルツォ)
10.

-

III. Quasi presto (scherzo)

**:**
»  IV. アレグロ・ジョコーソ
11.

-

IV. Allegro giocoso

バーナード・ハーマン - Bernard Herrmann (1911-1975)

**:**
エコー
12.

Echoes

録音: 17-19 March 2007, Il Bagno Konzertgalerie, Steinfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1020135
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
このアルバムには、4人の作曲家による全くスタイルの違う弦楽四重奏曲が収録されています。1995年に作曲されたエヴァンスの作品はメロディーと対位法を重視した新古典派的な曲。グラスの作品はミニマル風でクール、「自称アメリカ音楽のバッドボーイ」アンタイルの作品は全くの民謡調、そしてハーマンの作品は25年間に及ぶ沈黙の後書かれたもので、全曲を通じて控え目な主題の反復が聴き取れます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。