ホーム > アルバム > 8.559357 アンダーソン:管弦楽作品集 3 - そりすべり/タイプライター/プリンク・プレンク・プランク!(BBCコンサート・オーケストラ/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559357
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
吹奏楽, ミュージカル, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルロイ・アンダーソン Leroy Anderson , メレディス・ウィルソン Meredith Willson , ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin
編曲者
ルロイ・アンダーソン Leroy Anderson
アーティスト
BBCコンサート・オーケストラ BBC Concert Orchestra , レナード・スラットキン Leonard Slatkin , アラスデア・マロイ Alasdair Malloy , キャサリン・ムーア Catherine Moore

アンダーソン:管弦楽作品集 3 - そりすべり/タイプライター/プリンク・プレンク・プランク!(BBCコンサート・オーケストラ/スラットキン)

ANDERSON, L.: Orchestral Music, Vol. 3 - Sleigh Ride / The Typewriter / Plink, Plank, Plunk! / The Syncopated Clock

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559357

全トラック選択/解除

ルロイ・アンダーソン - Leroy Anderson (1908-1975)

**:**
ハーヴァード・スケッチ

Harvard Sketches (Lowell House Bells –Freshman in Harvard Square – Widener ReadingRoom – Class Day Confetti Battle)

録音: 13 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215104
**:**
»  ハーヴァード・スケッチ
1.

-

Harvard Sketches

 
**:**
2つの音符によるメロディ
2.

Melody on 2 Notes

録音: 14 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215105
 
**:**
マザーズ・ホイッスラー
3.

Mother's Whistler

録音: 14 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215106
 
**:**
ペニー・ホイッスル・ソング
4.

The Penny-Whistle Song

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/200813
 
**:**
ファントム・レジメント
5.

The Phantom Regiment

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215107
 
**:**
プリンク・プレンク・プランク!
6.

Plink, Plank, Plunk!

録音: 13 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215108
 
**:**
プロムナード
7.

Promenade

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215109
 
**:**
サンドペーパー・バレエ
8.

Sandpaper Ballet

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215110
 
**:**
サラバンド

Sarabande

録音: 14 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215111
**:**
»  サラバンド
9.

-

Saraband

 
**:**
セレナータ
10.

Serenata

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215112
 
**:**
マクドナルドじいさんは農場を持っていた
11.

Old Macdonald had a Farm

録音: 14 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215113

メレディス・ウィルソン - Meredith Willson (1902-1984)

**:**
ザ・ミュージック・マン - 76本のトロンボーン
12.

The Music Man: 76 Trombones

録音: 14 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215114

ルロイ・アンダーソン - Leroy Anderson (1908-1975)

**:**
そりすべり
13.

Sleigh Ride

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215115
 
**:**
キャロル組曲
14.

Suite of Carols (version for brass)

録音: The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215116

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
君に捧げる歌 - ウィンターグリーンを大統領に
15.

Of Thee I sing: Wintergreen for President

録音: 14 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215117

ルロイ・アンダーソン - Leroy Anderson (1908-1975)

**:**
タイプライター
16.

The Typewriter

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215118
 
**:**
トランペット吹きの子守歌
17.

A Trumpeter's Lullaby

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215119
 
**:**
シンコペーテッド・クロック
18.

The Syncopated Clock

録音: 12 April 2007, The Colosseum, Town Hall, Watford, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/215120
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2008/12/04
クリスマスの定番曲「そりすべり」を含む、ルロイ・アンダーソンの管弦楽作品集第3集。指揮はアメリカのレナード・スラットキンで、彼が指揮したこのシリーズは、2008年のベストセラー・アルバムです。「タイプライター」「トランペット吹きの子守歌」「シンコぺーテッド・クロック」などの代表曲も収録されています。クラシックというよりは、ポップス系のノリの良い作品がほとんどで、聴いているだけで心が躍ります。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
みんな大好きアンダーソン第3集。今回は有名曲が盛り沢山!そり滑り、タイプライター、トランペット吹きの子守歌・・・・まさにお約束の1枚です。もちろん珍しい曲もばっちりです。2つの音を華麗に彩るオーケストレーションが魅力の曲や、どこかで聴いた曲やびっくりするような曲など、聴けば聴くほど心のイオンが沸き起こります。
レビュアー: tanukawa 投稿日:2015/11/10
あまりにもアンダーソンの名曲集になっているので「あとでいいや」と今まで聴いてませんでしたが、そこはやっぱりスラトキンです。演奏会でもアンコール曲の選曲までこだわる「選曲の鬼」がここでも。途中でアイヴスが飛びでる「ハーヴァード・スケッチ」。たった2つの音で構成されるルロイの面目躍如たる2曲目。フラジオレットでひたすらヴァイオリンが演奏するヴァイオリン泣かせの打楽器の楽しい3曲目。と比較的演奏される4曲目にたどり着くまでに新しい発見をたくさんすることでしょう

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。