ホーム > アルバム > 8.559371 コーツ:交響曲第15番/カンタータ・ダ・レクイエム/トランジションズ(ウィーン放送響/ボーダー/タリスカー・プレイヤーズ/アルス・ノーヴァ・ニュルンベルク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559371
CD発売時期
2007年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
グロリア・コーツ Gloria Coates
アーティスト
アルス・ノーヴァ・ニュルンベルク Ars Nova Nuremberg , ウィーン放送交響楽団 Vienna Radio Symphony Orchestra , タリスカー・プレイヤーズ Talisker Players , テリ・ダン Teri Dunn , ヴェルナー・ハイダー Werner Heider , ミヒャエル・ボーダー Michael Boder

コーツ:交響曲第15番/カンタータ・ダ・レクイエム/トランジションズ(ウィーン放送響/ボーダー/タリスカー・プレイヤーズ/アルス・ノーヴァ・ニュルンベルク)

COATES, G.: Symphony No. 15 / Cantata da Requiem / Transitions

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559371

全トラック選択/解除

グロリア・コーツ - Gloria Coates (1938-)

**:**
交響曲第15番「モーツァルトを讃えて」

Symphony No. 15, "Homage to Mozart"

録音: 16 June 2006, ORF Radio Hall, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182176
**:**
»  イリデッサンス
1.

-

I. Iridescences

**:**
»  パズル・カノン
2.

-

II. Puzzle Canon

**:**
»  ホワット・アー・スターズ?
3.

-

III. What Are Stars?

 
**:**
カンタータ・ダ・レクイエム

Cantata da Requiem, "WW II Poems for Peace"

録音: 9 November 2005, Trinity St. Paul’s Centre, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182180
**:**
»  アリア「若い未亡人」
4.

-

Aria: Junge Witwe (Young Widow)

**:**
»  レチタティーフ「BBCウェザー・リポート 1942」
5.

-

Recitative: BBC Weather Report 1942 -

**:**
»  アリア「ザ・フライング・ボンバーズ」
6.

-

Aria: The Flying Bombers

**:**
»  レチタティーフ「エルフリーデ・ビルンドルファー先生の手紙」
7.

-

Recitative: Brief der Lehrerin Elfriede Birndorfer (Notes from a teacher Elfriede Birndorfer) -

**:**
»  アリア「流れよ、雨よ、流れよ」
8.

-

Aria: Rinne, Regen, Rinne (Run, Rain, Run)

**:**
»  アリア「これら死にゆく者たち」
9.

-

Aria: All These Dyings

 
**:**
トランジションズ

Transitions

録音: 23 June 1985, Grosse Saal, Bavarian Radio, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182181
**:**
»  イルミネーション
10.

-

I. Illumination

**:**
»  ミスティカル・プローシヴズ
11.

-

II. Mystical Plosives

**:**
»  ドリーム・シークェンス
12.

-

III. Dream Sequence

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
アメリカの女性作曲家、グロリア・コーツと言えば、その独特な音使いがたまらない!と隠れたファンの多い人としても知られています。メインの交響曲第15番は彼女の新作で、「モーツァルトを讃えて」と副題がついていますが、内容は(彼女らしい)グリッサンドを多用したこの世のものとも思われぬ響きに満たされた曲で、もしかしたら彼女は霊界のモーツァルトと交信したのではないか・・・と思われますがいかがでしょう?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。