ホーム > アルバム > 8.559420 アムラム:魂の歌/安息日の晩課/最後の要因(ベルリン放送響/ウィルキンス)

アムラム:魂の歌/安息日の晩課/最後の要因(ベルリン放送響/ウィルキンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559420
CD発売時期
2005年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
デイヴィッド・アムラム David Amram
作詞家
アーノルド・ウェインスタイン Arnold Weinstein , 不詳 Anonymous
アーティスト
BBCシンガーズ BBC Singers , サラ・エリザベス・ウィリアムズ Sarah Elizabeth Williams , クリストファー・ウィルキンス Christopher Wilkins , タイラー・オリファント Tyler Oliphant , ケネス・キースラー Kenneth Kiesler , トーマス・グレン Thomas Glenn , デボラ・ゼーリヒ Deborah Selig , リチャード・トロクセル Richard Troxell , クリストファー・バウワーズ=ブロードベント Christopher Bowers-Broadbent , ニコラス・ファン Nicholas Phan , ジェシー・ブランバーグ Jesse Blumberg , ベルリン放送交響楽団 Berlin Radio Symphony Orchestra (Radio-Sinfonie-Orchester Berlin) , ミシガン大学歌劇場合唱団 Michigan University Opera Chorus , ミシガン大学交響楽団 Michigan University Symphony Orchestra , 王培沂 Pei Yi Wang , Mark Kent , Brian Pfaltzgraf

アムラム:魂の歌/安息日の晩課/最後の要因(ベルリン放送響/ウィルキンス)

AMRAM: Songs of the Soul / Shir L'erev Shabbat / The Final Ingredient

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559420

全トラック選択/解除

デイヴィッド・アムラム - David Amram (1930-)

**:**
魂の歌

Shiray Neshama (Songs of the Soul)

録音: May 1999, Jesus Christus Kirche, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/44281
**:**
»  Incantation
1.

-

**:**
»  Song without Words
2.

-

**:**
»  Dance of Joy
3.

-

 
**:**
最後の要因(抜粋)

Shir L'erev Shabbat (excerpts)

録音: June 2001, St. Paul's Church, Knightsbridge, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/44585
**:**
»  Ma tovu
4.

-

**:**
»  Bar'khu
5.

-

**:**
»  Sh'ma yisra'el
6.

-

**:**
»  Mi khamokha
7.

-

**:**
»  Kiddush
8.

-

 
**:**
安息日の晩課

The Final Ingredient: Scenes 5, 9 and 10

録音: January 2001, Hill Auditorium/University of MI, Ann Arbor
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/44586
**:**
»  Scene 5
9.

-

**:**
»  Scene 9
10.

-

**:**
»  Scene 10
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
デヴィッド・アムラムの名は、クラシック界では、むしろ知名度が高くないのかもしれません。彼は多彩な楽器を操るマルチ奏者で、クラシックはもちろんジャズ、ワールドミュージック、そして映画音楽と、ジャンルを問わず音楽を書き、「アメリカ音楽のルネッサンス」と呼ばれています。そんな才人の交響曲「魂の歌」の第2楽章にご注目ください。「無言歌」という副題通り美しい旋律が奏でられるのですが、東欧の宗教音楽風の筈が、日本人には何故か、極めて和風に聞こえてしまうのです。ユダヤ教の祈祷のための音楽と、テレビ番組のために書かれた重い内容の歌劇からの抜粋は、声楽曲得意のアムラムならお手のものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。