ホーム > アルバム > 8.559456 バーンスタイン:交響曲第3番「カディッシュ」/チチェスター詩篇(ロイヤル・リヴァプール・フィル/シュウォーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559456
CD発売時期
2005年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein , 不詳 Anonymous
アーティスト
イヴォンヌ・ケニー Yvonne Kenny , ジェラード・シュワルツ Gerard Schwarz , ウィラード・ホワイト Willard White , リヴァプール・フィルハーモニー・ユース合唱団 Liverpool Philharmonic Youth Choir , リヴァプール・メトロポリタン大聖堂聖歌隊 Liverpool Metropolitan Cathedral Choir , ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー合唱団 Royal Liverpool Philharmonic Choir , ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Liverpool Philharmonic Orchestra , Michael Small

バーンスタイン:交響曲第3番「カディッシュ」/チチェスター詩篇(ロイヤル・リヴァプール・フィル/シュウォーズ)

BERNSTEIN: Symphony No. 3, 'Kaddish' / Chichester Psalms

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559456

全トラック選択/解除

レナード・バーンスタイン - Leonard Bernstein (1918-1990)

**:**
交響曲第3番 「カディッシュ」

Symphony No. 3, "Kaddish"

録音: May 2004
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99078
**:**
»  Ia. Invocation
1.

-

**:**
»  Ib. Kaddish 1
2.

-

**:**
»  IIa. Din Torah
3.

-

**:**
»  IIb. Kaddish 2
4.

-

**:**
»  IIIa. Scherzo
5.

-

**:**
»  IIIb. Kaddish 3
6.

-

**:**
»  IIIc. Finale
7.

-

 
**:**
チチェスター詩篇

Chichester Psalms

録音: May 2002, Liverpool Philharmonic Hall, Liverpool
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/99079
**:**
»  I. Psalm 108:3 - Psalm 100
8.

-

**:**
»  II. Psalm 23 - Psalm 2:1–4
9.

-

**:**
»  III. Psalm 131 - Psalm 133:1
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sunny 投稿日:2011/02/25
20世紀の偉人、指揮者にして哲学者、バーンスタインが平和への祈りと、現世への怒りを託して著した、真面目、深淵な音楽。語り手のウィラード・ホワイトが雄弁。ベートーヴェン「第九」、マーラー9番、自作の「キャンディード」に連なる、生と死、連帯、諦観と希望を書いた重要な苦悩の音楽。21世紀にも、佐渡裕、シュワルツ、スラトキンらによって受け継がれて、然るべき作品。地には平和を、民には自由と、生きる権利、食料、収入、仕事を。殺すな、犯すな、盗むな。悲しみ、絶望でなく希望を。出来ることから、さ迷っていい、生きる喜びと充実した日々を。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀という時代が生んだ巨匠指揮者バーンスタインは、言うまでも無く作曲家としても偉大な業績を残しました。中でも純粋芸術音楽としては最高傑作であり、作曲者の死後も最も好んで演奏されるのが「カディッシュ」。当初はケネディ大統領のためのレクィエムという趣旨で作曲されましたが、今日では平和を希求する音楽のシンボル的存在となっています。独唱、合唱、語り手を要し、作曲技法的にもクラシックの枠を超え、バーンスタインにしか書けなかった感動がここにあります。規模の小さな「チチェスター詩篇」もまた、名曲として演奏され続けています。どこを切ってもバーンスタインの個性が強烈に刻印されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。